高収入の男性ほど「地雷」に要注意?! 家庭内トラブルを抑える話し方 (1/4ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 【藤田尚弓の最強の話し方】 気持ちがうまく伝わらない。悪気はないのに相手を不快にしてしまった。皆さんも、そんな経験はありませんか? この連載ではコミュニケーション研究家でアップウェブ代表取締役の藤田尚弓が、ビジネスマンの「最強の話し方」をご紹介していきます。

 第13回は、「家庭内トラブルを抑止する話し方」がテーマ。

 妻の離婚意識に関する調査によると「夫の仕事を原因とする離婚意識」で最もリスクが高いのは、夫の年収が1500万円以上の層なんだそうです(リスクモンスター株式会社調べ)。

夫の年収が高いのになぜ離婚したくなるのか?と不思議に思うかもしれませんね。そこには、たとえ年収が高くても仕事を理由に家庭を顧みなくなった夫への妻の不満が見え隠れします。活躍するビジネスマンこそ、家庭での話し方を見直したほうがよいかも知れません。

◆「仕事」が理由の家庭内トラブル…あなたも該当しませんか?

 急に仕事が入り、家族と食事に行く約束を守れなくなった。連日残業や付き合いで家のことを手伝えない。仕事が忙しく、なかなか休みがとれない。

 このようなシーンで妻が不満をぶつけてきたとしたら、あなたはどのように考えるでしょうか。

(1)仕事なのだから怒るのはおかしいと思う。

(2)自分も大変なことをわかってもらえないことにいらだつ。

(3)家族のために働いているので責められるのはおかしいと思う。

妻がキレる3大理由は