人手確保に悩む農家と働き手のニーズをマッチング 日本を縦断する「アルバイトリレー」も (1/4ページ)

 農業従事者の高齢化と後継者不足が深刻化する中、各地のJAが協力し、繁忙期のずれを生かしてアルバイトを融通する新たな取り組みが注目されている。農家では収穫期の数カ月間、普段よりも多くの人手を必要とするが、短期雇用は若者に人気がなく、アルバイトの年齢構成が60~70代に偏っている地域も珍しくない。そこで通年雇用を望む若者らに繁忙期を迎えた地域をリレー方式で回ってもらおうという試みで、農家にとっても若い働き手を安定して確保できると好評だ。(桑島浩任)

60歳以上のアルバイトが多くを占める西吉野選果場=奈良県五條市

60歳以上のアルバイトが多くを占める西吉野選果場=奈良県五條市

高齢化に悩む柿の生産現場

 和歌山県に次ぎ、国内2位の柿生産地として知られる奈良県。甘柿の「富有(ふゆう)柿」の生産量は全国最多だ。県内の柿の生産の大部分を担う五條市周辺は、20~40代の若い生産者が比較的多く、後継者不足とは無縁。一時期、減少していた県全体の収穫量も平成29年度には3万2800トンと10年前を超える水準に回復し、一見すると奈良の柿はしばらく安泰のように思える。

 ところが、実際の状況は厳しいという。JA西吉野選果場(同市)の岡善英(よしひで)副委員長は「アルバイトを集めるのが大変で、このままではいずれまわらなくなる」と危機感を募らせる。

あちらの時給が上がったと聞けば、こちらもアップ