趣味・レジャー

「エヴァ」の世界の住民に! 有明にミニチュアテーマパーク施設構想 (1/2ページ)

SankeiBiz編集部

 レジャー施設の企画、調査、準備などを扱うSMALL WORLDS(スモールワールズ、東京都港区)が今月上旬、東京都内で東京・有明エリアに開業予定の世界最大の屋内型ミニチュアテーマパーク施設「SMALL WORLDS TOKYO」の制作記者発表会を開いた。代表取締役の近藤正拡(こんどう・まさひろ)氏らが新たなテーマパークにかける意気込みを語った。(SankeiBiz編集部)

 住んで楽しむ…“圧倒的な没入感”を提供

 「SMALL WORLDS TOKYO」は総面積8000平方メートル。「空港」や「スペースセンター」といった 7 つのエリアにおいて現実世界とバーチャル世界を80分の1のスケールで表現し、これまでにない“圧倒的な没入感”を提供する。特に、施設のメーンエリアでは日本の人気アニメコンテンツである「エヴァンゲリオン」「美少女戦士セーラームーン」の舞台を再現。エヴァンゲリオンの「第3新東京市」に、自分自身を3Dスキャンしたフィギュアを置くことで“住んで楽しむ”体験を提供する「住民権つきフィギュア・プログラム」を第1弾として予定している。

 近藤氏は「観る・撮る・押す・操る・塗る・作る・住む」といった来場者に提供できる体験の構想を語り、来場者と施設の距離の近さをアピール。ミニチュアの15~30センチ手前にドリンクホルダーが備えてある手すりを設置し、ミニチュアのセットをゆっくり楽しめる環境をつくる考えを示した。また、設置されているフィギュアが紛失したことを「Aさんが現在行方不明」、飲み物がミニチュアにこぼれたことを「Bエリアの下水管が現在破裂」などと設置されたデジタルサイネージにニュースとして配信し、ひとつの事象として提供するアイデアも披露した。

動画提供:SMALL WORLDS.Inc

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus