サイトマップ RSS

温暖化防止、熱帯雨林を守れ COP19新制度合意 焼き畑中止で経済支援 (2/3ページ)

2013.11.24 00:38

ポーランド・首都ワルシャワ

ポーランド・首都ワルシャワ【拡大】

 英語の頭文字を取ったREDDプラスは、発展途上国が森林を守ることで、大気中に放出されずに済んだCO2の量を計測し、排出枠として売ることを認める仕組み。具体的には、焼き畑などによって森林から放出されるCO2の量が、途上国が実施する保全策によってどれだけ減ったかを計算し、その量に応じて先進国から経済的な支援や、排出量取引市場などで売買できる排出枠を得られるようになる。

 ロイター通信などによると、COP19の席上、CO2排出量の計算手法や、先住民への配慮、先進国からの資金供与の在り方など、制度の詳細設計で各国が合意した。エド・デイビー英エネルギー・気候変動相(47)は「新しい大きな前進だ」と合意を評価。当面の資金源として米国、英国、ノルウェーが計2億8000万ドル(約280億円)の拠出を表明し、その資金で世界銀行にREDDプラスを運用する基金を設立する。

主要議題は隔たり

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ