サイトマップ RSS

おもてなしと和食の魅力満載 映画「武士の献立」ロケ地、石川県の旅 (2/3ページ)

2013.12.21 16:40

老舗料亭「大友楼」の膳。見た目も美しい加賀料理を堪能=石川県金沢市(杉山みどり撮影)

老舗料亭「大友楼」の膳。見た目も美しい加賀料理を堪能=石川県金沢市(杉山みどり撮影)【拡大】

  • 「兼六園」とは、6つの優れた景勝を兼ね備えていることからつけられた。四季折々の景観が楽しめる=石川県金沢市(杉山みどり撮影)
  • 「奥能登塩田村」の浜氏・登谷良一さん。室温60度の釜屋の中で、釜焚きの火加減を調整しながら塩作りを行う=石川県珠洲(すず)市(杉山みどり撮影)
  • 義経伝説が伝えられる「義経の舟隠し」=石川県羽咋郡志賀町(はくいぐんしかまち、杉山みどり撮影)
  • 「大友楼」当主の大友佐俊さん。加賀藩の料理頭だった大友家の末裔だ=2013年11月11日、石川県金沢市(杉山みどり撮影)
  • 映画「武士の献立」(朝原雄三撮影)。上戸彩(うえと・あや)演じる春(右)と高良健吾(こうら・けんご)演じる安信。公開中(松竹提供)。(C)「武士の献立」製作委員会
  • 石川県金沢市

 映画は、加賀藩に実在した包丁侍、舟木伝内と息子の安信が残した献立書「料理無言抄(むごんしょう)」をもとに、江戸時代の武家や庶民が実際に食べていた料理を再現。作中に登場する本膳料理を監修した金沢市内の「大友楼」を訪れた。加賀藩の料理頭だった大友家の末裔(まつえい)が営む料亭だ。

 当主の大友佐俊さん(66)は「武士の別の面が見られ、加賀の伝統料理も知ってもらえる。すばらしい映画です」と話す。供応の宴の前に安信が右手に包丁刀、左手にまな箸を握って行う“食の儀式”に関しても、「儀式の所作を会得するのは難しいのですが、短時間であれほどさまになるとは。筋がいい」と高良さんをたたえていた。

 伝統の「揚げ浜式製塩」

 食材を探しに能登を巡る旅に出た安信と春の夫妻の足跡をたどるように、能登半島へも。義経伝説が伝えられる“義経の舟隠し”や琴ケ浜、白米千枚田は日本海に面した地域。能登は厳しい自然が育んだ食材の宝庫なのだ。江戸時代以前から続く“揚げ浜式”製塩を行っている珠洲市の「奥能登塩田村」も訪れた。

映画「武士の献立」とは

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ