サイトマップ RSS

移設前進 あす辺野古埋め立て承認 政府、基地負担軽減策 日米で新協定交渉合意 (4/4ページ)

2013.12.26 07:00

米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)、沖縄県名護(なご)市辺野古(へのこ)、米軍普天間飛行場の移設予定地=2013年12月25日現在

米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)、沖縄県名護(なご)市辺野古(へのこ)、米軍普天間飛行場の移設予定地=2013年12月25日現在【拡大】

  • 沖縄県名護(なご)市

 仲井真氏の要請のもう一つの柱は、普天間飛行場の5年以内の運用停止と、同飛行場の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイのうち半数の県外拠点への移転だ。

 首相はオスプレイの「訓練」の半分を本土の自衛隊演習場などで行わせる考えを示し、防衛省に検討チームを設置することも表明した。5年以内の運用停止には触れなかったものの、仲井真氏としてはそれについても「政府は検討すると説明できる」(政府高官)体裁を取った。

 別の高官は「仲井真氏は政府が辺野古移設を進めることは認めても県外要求の公約を撤回せず、政府のお手並み拝見という立場だ。かつ普天間の固定化も認めないとの担保も取った」と指摘する。

 仲井真氏は「いい正月になる」と記者団に述べ、首相官邸を後にした。(半沢尚久/SANKEI EXPRESS

 ■日米地位協定 在日米軍による施設・区域の使用を認めた日米安全保障条約6条に基づき、使用のあり方や米軍の法的地位を定めた条約。1960年に締結。問題点について「運用改善」という形で見直しを行ってきたが、環境問題は容疑者引き渡しと並び協定上の不備が指摘されてきた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ