サイトマップ RSS

東証大発会、いきなり冷や水1万6000円割れ (1/4ページ)

2014.1.7 09:45

東京証券取引所の大発会に晴れ着姿で参加した女性たち。取引初日は6年ぶりに下落で終わる波乱の幕開けとなった=2014年1月6日、東京都中央区日本橋兜町(三尾郁恵撮影)

東京証券取引所の大発会に晴れ着姿で参加した女性たち。取引初日は6年ぶりに下落で終わる波乱の幕開けとなった=2014年1月6日、東京都中央区日本橋兜町(三尾郁恵撮影)【拡大】

 2014年初めての取引となる大発会を迎えた1月6日の東京株式市場は、日経平均株価が前年末から大幅に下落した。終値は1万6000円台を割り込み、下げ幅は一時、400円を超えた。東京市場は年末まで9営業日連続で上昇し、株価の過熱感が強まったことから売り注文が広がったとみられる。年初の取引が下落で終わるのは08年以来6年ぶりで、市場は波乱の幕開けとなった。

 市場では「昨年(2013年)末までの続伸で、利益を確定する売りが膨らんだ」(大手証券)との見方が多い。東京外国為替市場の円相場が1ドル=104円台前半で推移するなど、円安が一服したことも売り材料だった。

 終値は前年最後の取引日の12月30日に比べ382円43銭安の1万5908円88銭。終値の下げ幅としては、前年10月25日以来の大きさ。出来高は約29億2400万株だった。

 ≪NISA好影響 2万円めざす1年≫

 大幅下落で始まった1月6日の東京株式市場は、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」への期待から大幅高に沸いた株式市場に冷や水を浴びせた。ただ、少額投資非課税制度(NISA)がこの日、本格的にスタートしたほか、新株価指数「JPX日経インデックス400」も登場するなど、「貯蓄から投資へ」の流れに対する期待は大きい。前年の株高の流れを引き継ぎ、さらに高値を目指せるか。企業の経営改革や政府の成長戦略が問われる1年となりそうだ。

麻生太郎金融担当相「デフレの色が消え、黙っていても現金の値打ちが上がる時代は終わる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ