サイトマップ RSS

ウエアラブル、車載IT、3D…技術競演 世界最大の家電見本市「CES」 日米韓中が火花 (1/3ページ)

2014.1.9 09:30

米ネバダ州ラスベガス

米ネバダ州ラスベガス【拡大】

 1月7日開幕した世界最大の家電見本市「インターナショナルCES」で、家電・情報機器メーカーは、体に装着できる機器を相次いで発表した。「ウエアラブル(身に着けられる)端末」と呼ばれ、スマートフォンに次ぐデジタル機器の主役として期待されているからだ。日本や米国、韓国のメーカーが激しく技術を競い、中国が追う。

 20倍の市場に

 「活動を記録することで、生活を豊かにできる」。ソニーの鈴木国正執行役はスマートフォンを活用しながら歩数などを計測するリストバンド型端末を発表。ウエアラブルに本格的に取り組む姿勢を示した。

 セイコーエプソンはリストバンドや腕時計型の端末を今夏に米国で発売する。カシオ計算機もスマートフォンと連動する新製品を展示した。

 MM総研によると、世界のウエアラブル市場は2013年度の560万台から、20年度には1億2000万台を超える見通しだ。現在は腕時計型が中心だが、身に着ける場所や機能は広がるのが確実。日米韓のメーカーを中心に新製品の販売が本格化する。

自動車メーカー9社出展 車載ITをアピール

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ