サイトマップ RSS

【都知事選】2強対決 舛添氏「広範な議論を」 (2/4ページ)

2014.1.15 07:00

東京都知事選への出馬を正式に表明する舛添(ますぞえ)要一元厚生労働相(左)=2014年1月14日、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)

東京都知事選への出馬を正式に表明する舛添(ますぞえ)要一元厚生労働相(左)=2014年1月14日、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)【拡大】

  • 都内各地で設置が進む都知事選ポスターの掲示板=2014年1月13日午後、東京都新宿区(栗橋隆悦撮影)
  • 小泉純一郎元首相(右)との会談後、記者団の質問に答える細川護熙(もりひろ)元首相=2014年1月14日、東京都港区(小野淳一撮影)
  • 前日弁連会長の宇都宮健児氏=2012年11月9日、衆院第一議員会館(小野淳一撮影)
  • 都知事選出馬を表明した会見を終え、日本(にっぽん)維新の会の石原慎太郎共同代表(右)と握手を交わす元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏=2014年1月7日午後、衆院第1議員会館(酒巻俊介撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は14日の記者会見で、細川氏と小泉氏が都知事選の争点に「脱原発」を掲げることについて「原発政策は設置自治体を含めて国家全体として取り組むべき問題であって、東京都だけで決める政策課題ではない」と指摘。甘利明(あまり・あきら)経済再生担当相も「オールジャパンで考えるべきで、地方選の争点にはならない」と強調した。自民党の石破(いしば)茂幹事長は党本部で記者団に「争点は1つに絞るものではない。多岐にわたる課題に誰が的確に応えるかを都民が選ぶ選挙だ」と語った。

 ただ、自民党都連の推薦と公明党都本部の支援を受ける舛添氏は危機感を募らせており、この日の出馬会見で「私は打ち上げ花火で人をひき付けるような手法はとりたくない」と反論。選挙戦では東京五輪の成功に向けた態勢づくりや社会保障、経済再生など諸課題を広範に議論すべきだとの考えを提起した。

 猪瀬直樹前都知事が「政治とカネ」をめぐる問題で辞任したため、細川氏が首相辞任に至った東京佐川問題の経緯なども反撃材料として取り上げる方針だ。

元日弁連会長の宇都宮健児氏 「本当に脱原発を貫ける人か見極めができていない間に『一本化』が一人歩きしている」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ