サイトマップ RSS

【都知事選】2強対決 舛添氏「広範な議論を」 (3/4ページ)

2014.1.15 07:00

東京都知事選への出馬を正式に表明する舛添(ますぞえ)要一元厚生労働相(左)=2014年1月14日、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)

東京都知事選への出馬を正式に表明する舛添(ますぞえ)要一元厚生労働相(左)=2014年1月14日、東京都新宿区の東京都庁(寺河内美奈撮影)【拡大】

  • 都内各地で設置が進む都知事選ポスターの掲示板=2014年1月13日午後、東京都新宿区(栗橋隆悦撮影)
  • 小泉純一郎元首相(右)との会談後、記者団の質問に答える細川護熙(もりひろ)元首相=2014年1月14日、東京都港区(小野淳一撮影)
  • 前日弁連会長の宇都宮健児氏=2012年11月9日、衆院第一議員会館(小野淳一撮影)
  • 都知事選出馬を表明した会見を終え、日本(にっぽん)維新の会の石原慎太郎共同代表(右)と握手を交わす元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏=2014年1月7日午後、衆院第1議員会館(酒巻俊介撮影)

 「一本化」が一人歩き

 同じ脱原発を掲げる元日弁連会長の宇都宮健児氏の陣営も埋没してしまうことへの危機感が強い。宇都宮氏は14日、細川氏の出馬表明を受けて緊急記者会見を開き、「細川氏は9カ月で首相を辞め、当時の政府は原発を推進した。公開討論で政策論争をしたい」と牽制。脱原発を訴える候補者の一本化を求める声に対しては「本当に脱原発を貫ける人か見極めができていない間に『一本化』が一人歩きしている」と否定した。

 一方、細川氏の立候補について「以前から名前が挙がっていただけに、驚きはない」と冷静に受け止めているのは、元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏の陣営だ。

 田母神氏は首都直下地震を念頭に自衛隊を中心とした防災体制の強化を打ち出しており、原発問題について「十分な安全を科学的に検討し原発を使えばよい」と語るなど、取りたてて争点化しない意向だ。

舛添要一氏、都議会で公明党都議団らと意見交換 公明党は支援する方針

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ