サイトマップ RSS

タップダンサー・熊谷和徳 凱旋公演 一つになりたい 奏でる「楽器」 (1/2ページ)

2014.1.24 14:00

世界的タップダンサー、熊谷和徳さんが1年間のNY留学を経て行った凱旋公演。タップと音楽の融合という革新的なパフォーマンスを見せてくれた=2014年1月18日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホール(田中幸美撮影)

世界的タップダンサー、熊谷和徳さんが1年間のNY留学を経て行った凱旋公演。タップと音楽の融合という革新的なパフォーマンスを見せてくれた=2014年1月18日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホール(田中幸美撮影)【拡大】

  • 世界的タップダンサー、熊谷和徳さんの凱旋公演では、タップの音だけから始まりどんどん楽器を重ねていって音楽が完成するというパフォーマンスが披露された=2014年1月18日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホール(田中幸美撮影)
  • 今回の凱旋公演のインスピレーションを得ようと足を運んだんNY州最東端の街、モントークの映像をバックにタップを踏む熊谷和徳さん。ベースやビブラフォンなどと掛け合いを演じながら音楽を完成させた=2014年1月18日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホール(田中幸美撮影)
  • 公演にゲスト出演したミシェル・ドーランスさん(右)はNYをベースに活躍する。NYで最も人気のあるタップダンサーの一人だ=2014年1月18日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホール(田中幸美撮影)
  • 後進の指導にも力を入れる熊谷和徳さん。世界的タップダンサーに直接指導を受けられるとあって初心者を含め20人以上が集まった=2013年12月22日、東京都新宿区(田中幸美撮影)
  • 熊谷和徳さんのタップは、まるで打楽器のようにシューズで床をたたきつけ音楽を生み出す=2014年12月22日、東京都新宿区(田中幸美撮影)

 目を閉じて聞いていたら、まるで打楽器を演奏しているように思える。次の瞬間、純白のスーツ姿がステージに浮かび上がった。背景にはニューヨーク(NY)の摩天楼の映像。世界的タップダンサー、熊谷和徳(かずのり)さん(36)が約1年に及ぶNY留学から帰国、このほど東京・渋谷で凱旋(がいせん)公演を行った。

 白いタップシューズでときに激しく床を打ちつけてはビートを繰り出す。最初は無伴奏で足音だけが鳴り響き、そこにベースの低音が重なり、ドラムのバスドラが呼応する。さらにビブラフォンとギターがかぶさり、一つの音楽ができあがっていった。

 熊谷さんの繰り出すタップは、映画などで知るフレッド・アステアのような従来のタップダンスとはまったく印象が異なる。ダンスというよりも音楽の一部で、しかも打楽器だ。

 公演のタイトルは、「DANCE TO THE ONE」(たった一つの大切なことのために)。「大切なものはそんなにたくさんはない。今自分にとって本当に大切な一つのことはなんだろうと考えたときにひらめいた」タイトルだという。

 NYでは「じゃあね」という代わりに「ONE」と言って電話を切ることがある。「ONE」には、一つになるとか、「ワンラブ」という意味があり、メッセージより観客と一つになりたいという思いを込めたと語る。

震災、NY生活…ダンスに昇華

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ