サイトマップ RSS

自分たちで選ぶライブラリー 幅允孝 (2/5ページ)

2014.2.12 19:55

愛知県立芸術大学でのワークショップで、本棚作りに励む学生たち=2014年1月21日(愛知県立芸術大学提供)

愛知県立芸術大学でのワークショップで、本棚作りに励む学生たち=2014年1月21日(愛知県立芸術大学提供)【拡大】

  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 僕は、愛知県立芸術大学という学校で非常勤講師をしている。毎週通うのは本業があり難しいのだが、毎年数度学校を訪れ、学生たちに自分の仕事について話す機会をもらっているのだ。愛知出身の僕にとっては故郷との関わりが増えるのはうれしいかぎり。中部地方の芸術大学の雄に通う学生たちは、首都圏の芸大生と比べておっとりしているように見えるが、芯はしっかりしているから僕も刺激をたくさんもらう。

 そんな愛知県立芸術大学の芸術情報センター図書館で、年明けにワークショップを開催した。名付けて、「ライブラリー in ライブラリーをつくる会」。通常の十進分類法によって整然と並べられた図書館の本から学生たちが恣意(しい)的に何冊か本を抜き出して、図書館の中に小さな手づくり図書館をつくろうとする試みだ。

 自ら訴えかける場に

 50年近く前に吉村順三が設計した建築物でも知られる歴史あるこの大学。10万冊以上の蔵書を誇る図書館はじっくり眺めると、じつはお宝の山である。フランスはパリにあるポンピドゥーセンターが最もセンセーショナルだった1970年代のカタログがずらりときれいにそろっているし、1930年代にテリアード社から出版され、ピカソやマティスなどが描きおろしを寄稿したことで知られる大判のアート雑誌『VERVE』などもあった。初めてそこを訪れたときの僕は、興奮してばかりだった。しかも、博物館のガラスショーケース越しではなく、それらの本のページを自ら開けるなんて。

丁寧に本を差し出す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ