サイトマップ RSS

離島で髪を切る人 幅允孝 (4/5ページ)

2014.4.7 17:50

写真集『島の美容室』より(福岡耕造さん撮影、提供写真)

写真集『島の美容室』より(福岡耕造さん撮影、提供写真)【拡大】

  • 写真集「島の美容室」(福岡耕造著/ボーダーインク、1944円)。版元のボーダーインクは、沖縄に関係があれば「ぬーやてぃんしむさ」(何でもOK!)というすてきな出版社(提供写真)
  • 「シマダス」(日本離島センター、3240円)。「面積」「人口」から「島おこし」まで。1000島以上の情報を網羅した島の総合ガイド(提供写真)
  • 「原色_日本島図鑑」(新星出版社、2700円)。著者の加藤が、日本の有人島すべてに足を踏み入れていく。旅心くすぐる写真も必見です(提供写真)
  • 「ビートルズへの旅」(リリー・フランキー、福岡耕造共著/新潮社、1728円)。リリーと福岡が、ビートルズゆかりの地を訪ね歩く。彼らの来歴に直接触れることで、尊敬は愛しさへと変わっていく(提供写真)
  • 鳩間島、西表島、小浜島、竹富島、新城島、黒島=沖縄県八重山郡竹富町
  • 沖縄県島尻郡渡名喜村(となきそん)の入砂島(いりすなじま)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 この写真集を眺めると、やはり子供たちの表情は読者をすがすがしい気持ちにさせる。真っ黒に日焼けした女の子たちは、大きな眼をくりくりさせながら、子供と大人の境界を無垢なまま駆け抜けている。そして、おばあちゃんたち。きれいな花柄のワンピースを着た彼女らがいうには、「ユンタクはダンパチャーで」(おしゃべりは、散髪屋で)するのだそうだ。戦争の話をする爺ちゃんがいる、集団自決のことを思い出す婆ちゃんがいる。けれど、この写真集は決して後ろを振り返らず、前へ前へ生きていく人の陽気なエネルギーに満ちている。

 実際のところ、島は天国ではないから、多くの問題も抱えている。中学を卒業した子供たちは、高校へ通うため島の外に出なければならない。過疎化も進む。この渡名喜島の数キロ先にある入砂島は、いま米軍の空爆演習地になっているらしい。けれど、この渡名喜島には毎日を楽しく懸命に生きている人がいることを、この写真集は証明する。美容師の福田さんは、「髪を切る」というささやかな行為を積み重ねながら、島民に何かを注入している。

 島価格の低料金で、旅費も自腹。果たしていつまで美容室が続くのかと、島民も心配していたのは過去の話。いまでは泡盛片手に島の仲間とユンタクし、模合い(本州でいう無尽講)にも参加するようになった美容師の福田さん。島に戻ったとき「おかえり」と言われるようになった彼は、自力でもうひとつの故郷をつくりあげたわけだ。

ブックディレクター 幅允孝略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ