サイトマップ RSS

カンボジアで開発プログラム 子供たちへの支援 地域に好循環 (3/4ページ)

2014.5.8 15:45

  • カンボジア・バンテイメンチェイ州
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 支援を必要とする途上国の子供たちがどのような問題を抱えているのか、日本の子供たちや若者が実感を持って理解を深めることができるように試行錯誤の日々だ。

 ウガンダで実際に水汲(く)みに使われているタンクで疑似体験をしたり、カンボジアで子供たちがしているような貝売りを体験したりして体感できる教材作りを心がける。

 同年齢のエチオピアの女の子が家族に残されたたった一つのパンを分け合う様子をDVDで紹介した授業では、子供たちは真剣な眼差(まなざ)しで映像に見入っていた。登場した女の子に思いをはせ、感想発表中に涙が溢(あふ)れてしまった児童もいた。こちらまで胸が熱くなる。もう一つの「仕事をしていて、うれしいこと」である。

 「どうしたらこういう仕事(国際協力)をする人になれますか?」と質問を受けることがある。一番うれしい質問だ。カンボジアの小学校でも6年生のクラスで4人の児童が「将来の夢はワールド・ビジョンのスタッフになること」と発表してくれた。教師や医師と同様の人気だった。同じ夢を抱く日本の小学6年生とカンボジアの6年生に同じ瞳の輝きを感じた。

この仕事を選んだ思い 「すべての子供に豊かないのちを」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ