サイトマップ RSS

【ブラジルW杯】エースにも「黄」 大舞台で平常心 (1/3ページ)

2014.6.14 00:06

 全世界が注目するサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開幕戦のピッチに、濃紺に赤のアクセントが入ったユニホームを着た3人の日本人が立った。西村雄一主審(42)と相楽亨(さがら・とおる、37)、名木(なぎ)利幸(42)の両副審は、目の肥えたブラジルのサポーターらで超満員のサンパウロ・アリーナで日本の審判団として初の大役を果たした。

 西村主審迷わぬ判定

 西村主審が開幕戦の担当に決まると、地元メディアは一斉に前回大会の準々決勝でブラジル選手を退場させた「因縁」の審判員であると報じた。精神的に負担の大きい試合だったが「重圧は自分でつくってしまうもの」と語っていた通り、難しい場面でも冷静に試合をコントロール。普段は選手に穏やかな笑顔で接するが、クロアチア選手の抗議は厳しい表情ではねのけた。

 西村主審は、前半27分に競り合いで相手選手の顔を腕で押したブラジルのエース、ネイマールに今大会最初のイエローカードを提示。後半24分に、試合を左右する決定的なPKの判定を下した。ゴール前でクロアチアのDFロブレンが背後から手をかけて、ブラジルのフレジが倒れた場面。西村主審は迷わずPKを与えた。

憤慨 クロアチアDFロブレン「あんなの判定ではない。ミスだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ