サイトマップ RSS

【勿忘草】「エボラは呪い」 (1/2ページ)

2014.8.28 10:00

ブルキナファソ・首都ワガドゥグ

ブルキナファソ・首都ワガドゥグ【拡大】

  • エボラ出血熱の感染状況=2014年8月13日現在、世界保健機関(WHO)による。※死者は感染例、疑い例に含まれる。
  • エボラ出血熱の経過=1976年~2014年8月8日、世界保健機関(WHO)発表

 エボラ出血熱の脅威が全世界に広がっている。今回の流行が始まったのは、ギニアなどの西アフリカ地域。もう4年近く前になる。西アフリカの小国、ブルキナファソに2カ月間滞在したときのことだ。現地在住の日本人からこう言われた。

 「病気になったら、病院に行ってはだめです」

 全国で一定水準の医療が受けられる日本人からすると信じがたいが、アフリカの小国に医療はあってなきがごとく。仮に、働き盛りの男性が正体不明の病気で死んだとする。ウイルスや細菌が原因であれば、看病する近親者にも感染が拡大してしまうだろう。

 国内なら、健康な壮年男性が死亡するほどの病気となれば、正体が調べられるだろう。感染性のものであれば隔離され、感染が広がらないような措置も取られるだろう。

 だが、アフリカではそうはいかない。首都ワガドゥグであっても、近代的な病院は数少ない。彼らの多くが頼るのは、集落の病院である。病院といっても、そこにいるのは西洋医学を学んだ医師ではなく、祈祷(きとう)師のような人物。そして、祈祷師は言う。

感染症を呪い呼ばわり…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ