サイトマップ RSS

【米・キューバ国交正常化】キューバ歓迎 疲弊経済の好転願う (1/4ページ)

2014.12.19 06:50

米フロリダ州マイアミのキューバ人街「リトル・ハバナ」で12月17日、米国とキューバの国交正常化交渉開始の発表を受けて、キューバ国旗を手に涙ぐむキューバ系米国人=2014年(ロイター)

米フロリダ州マイアミのキューバ人街「リトル・ハバナ」で12月17日、米国とキューバの国交正常化交渉開始の発表を受けて、キューバ国旗を手に涙ぐむキューバ系米国人=2014年(ロイター)【拡大】

  • キューバの首都ハバナで12月17日、米国によるキューバ情報員の釈放を喜ぶ市民ら=2014年(ロイター)
  • 米国・首都ワシントンン、キューバ・首都ハバナ

 バラク・オバマ米大統領(53)が17日、キューバと国交正常化交渉を開始すると表明したことを受け、キューバ政府や国民からは歓迎の声が上がっている。交渉進展に伴い、米政府のキューバ制裁が解除もしくは緩和された場合、疲弊するキューバ経済が好転するとの期待があるためだ。一方、ラウル・カストロ国家評議会議長(83)は国交正常化が実現しても、社会主義体制を変更しない考えを重ねて強調している。

 後ろ盾なし

 オバマ大統領がこの日、キューバ政策転換を表明すると、キューバの首都、ハバナの目抜き通りには市民約100人が繰り出し、喜びの声を上げた。行き交う車もクラクションを鳴らし、国交正常化に期待を寄せた。

 カストロ議長も演説で、オバマ大統領に「敬意と感謝」の意を表明。1959年のキューバ革命後、米国の制裁によってキューバ経済が締め上げられる中、早期の制裁解除を期待しているからにほかならない。

外資に魅力

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ