サイトマップ RSS

【米・キューバ国交正常化】キューバ歓迎 疲弊経済の好転願う (2/4ページ)

2014.12.19 06:50

米フロリダ州マイアミのキューバ人街「リトル・ハバナ」で12月17日、米国とキューバの国交正常化交渉開始の発表を受けて、キューバ国旗を手に涙ぐむキューバ系米国人=2014年(ロイター)

米フロリダ州マイアミのキューバ人街「リトル・ハバナ」で12月17日、米国とキューバの国交正常化交渉開始の発表を受けて、キューバ国旗を手に涙ぐむキューバ系米国人=2014年(ロイター)【拡大】

  • キューバの首都ハバナで12月17日、米国によるキューバ情報員の釈放を喜ぶ市民ら=2014年(ロイター)
  • 米国・首都ワシントンン、キューバ・首都ハバナ

 カストロ議長の兄、フィデル・カストロ前議長(88)が率いたキューバは冷戦時代、ソ連から全面支援を受けて国家を運営した。だが、ソ連崩壊後は後ろ盾を失い、キューバは今、「事実上、“自身の足”で立つしかない状況」(外交筋)となっている。

 キューバ政府は2010年から、本格的な経済改革を開始。飲食業や理髪業、自動車洗車業などの職種を民間ビジネスに開放し、個人不動産や自動車の売買も許可した。旅行制限も緩和している。今年6月には新外資法を施行、100%外資企業の進出と営業を認めた。ハバナ西方45キロのマリエル港地域には経済特区を建設中で、その沖のメキシコ湾経済水域には海底油田が眠っている。

 外資に魅力

 キューバ国内では今、欧州諸国やカナダに加え、イスラエルの企業までもがビジネスに乗り出している。キューバは労働賃金が安い一方で、数学を中心に教育水準が高く、IT企業などにとって進出先として有望だからだ。今後、海峡を挟んで144キロしか離れていない米国の制裁が解除されれば、米企業の投資が増大し、経済が劇的に転換するとの期待は高い。ただ抗議デモの制限などは続き、経済と政治のバランスが難しくなりそうだ。

米与野党から批判「影響力小さくなる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ