サイトマップ RSS

【米・キューバ国交正常化】キューバ歓迎 疲弊経済の好転願う (4/4ページ)

2014.12.19 06:50

米フロリダ州マイアミのキューバ人街「リトル・ハバナ」で12月17日、米国とキューバの国交正常化交渉開始の発表を受けて、キューバ国旗を手に涙ぐむキューバ系米国人=2014年(ロイター)

米フロリダ州マイアミのキューバ人街「リトル・ハバナ」で12月17日、米国とキューバの国交正常化交渉開始の発表を受けて、キューバ国旗を手に涙ぐむキューバ系米国人=2014年(ロイター)【拡大】

  • キューバの首都ハバナで12月17日、米国によるキューバ情報員の釈放を喜ぶ市民ら=2014年(ロイター)
  • 米国・首都ワシントンン、キューバ・首都ハバナ

 マケイン氏は共和党が上院で過半数を得る1月招集の新議会で軍事委員長に、グラハム氏は歳出委員会で外交予算を担当する小委員長に、それぞれ就任予定。大使館開設の予算審議などに影響を与えうる立場だ。

 キューバからの移民を両親に持ち、2016年の大統領選への出馬が取り沙汰される共和党のマルコ・ルビオ上院議員(43)は声明で、キューバはシリアやイランと同じテロ支援国家で、北朝鮮との武器の違法取引に関わっていると指摘。オバマ氏の決定は「米国の国家安全保障を危険にさらす」と訴えた。

 一方、与党・民主党でもキューバ系のメネンデス上院外交委員長(60)が声明を発表し、オバマ氏の決定を「連邦法や議会を迂回(うかい)するものだ」として非難した。さらに、オバマ政権がキューバのカストロ体制に経済的な命綱を投げ与えることになったとし、新議会で政府側に「劇的で間違った政策変更」についての説明を求める考えを表明した。(ワシントン 加納宏幸/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ