サイトマップ RSS

【アメリカを読む】「アナ雪」続編 2匹目のドジョウとなるか (1/4ページ)

2015.3.17 10:10

アニメ映画「アナと雪の女王」の一場面(ウォルト・ディズニー提供、AP)

アニメ映画「アナと雪の女王」の一場面(ウォルト・ディズニー提供、AP)【拡大】

  • 米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーのロバート・アイガーCEO(最高経営責任者)=2013年10月25日、米カリフォルニア州ビバリーヒルズ(AP)

 米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは12日、2013年米国公開のアニメーション映画「アナと雪の女王」(原題=フローズン)の続編を製作中だと発表した。世界的なヒットとなった前作はディズニーの業績を大きく押し上げる原動力となっただけに、続編で2匹目のドジョウを狙うかたちだ。続編の製作発表を受けて、インターネット上では「人生最高の日だ!」「もう一度、雪だるまを作ろう」といった書き込みが相次ぐなど、ファンの間で興奮が広がっている。ただし前作のヒットが大きすぎただけに、続編への評価が厳しくなることもありそうだ。

 今なお絶大な人気

 「われわれは『フローズン2』に取り組んでいるところだ」。ディズニーのチーフクリエーティブオフィサーのジョン・ラセター氏(58)はカリフォルニア州で開かれた株主総会で、「アナ雪」の続編の製作を発表した。ステージには前作で雪だるまのオラフの声を担当した俳優のジョシュ・ガッドさん(34)も登場し、歌声を披露するサービスで盛り上げた。

ディズニー躍進の原動力

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ