サイトマップ RSS

【クレモンティーヌのパリ便り】宮崎アニメの哲学、人間観 (2/4ページ)

2015.4.1 09:05

「ルパン三世_カリオストロの城」のモデルといわれる世界遺産モン・サン・ミッシェル。今年3月には18年ぶりの大潮が押し寄せ、孤島の姿を回復した=2015年3月21日、フランス西部、サン・マロ湾上(AP)

「ルパン三世_カリオストロの城」のモデルといわれる世界遺産モン・サン・ミッシェル。今年3月には18年ぶりの大潮が押し寄せ、孤島の姿を回復した=2015年3月21日、フランス西部、サン・マロ湾上(AP)【拡大】

  • 【クレモンティーヌのパリ便り】フランス人アーティスト、クレモンティーヌさん(提供写真)
  • アルバム「クレモンティーヌ・シングス・ディズニー」(2800円+税。2014年10月26日発売)。「おしゃれキャット」マリーのPV「パリのお散歩~ディズニー_マリー」もYouTubeで限定公開中!(提供写真)

 宮崎作品に一貫しているのは、尊重と尊厳。人間と自然との関わり方も掘り下げて描いています。観れば観るほどに発見があり、世界中の映画人やクリエーターの中に宮崎駿に強い影響を受けた人が多いのはわかる気がするんです。

 宮崎駿初監督映画「ルパン三世 カリオストロの城」もダイナミックで大好きです。主題歌「炎のたからもの」のカバーを2013年発売の私のアルバム「ドリーム・シネマ ~リラクシング・スタンダード・コレクション~」に収録しています。フランスでPVも撮影しました。ヒロインの美少女クラリスに扮したりして、思い入れの強い1曲です。

 ずっと大好き、ディズニー マリー

 日本が宮崎駿なら、アメリカはディズニーではないでしょうか。普遍的なテーマで共感を得やすいのがディズニー映画のすごいところだと思います。クラシックなところでは「シンデレラ」や「バンビ」「白雪姫」「ジャングルブック」などはフランスでも不動の人気です。ちなみに私が初めて観たディズニー映画は「バンビ」でした。母によると、当時4歳の私は映画のあいだずっと泣いていたそうですが…。新しいところだとフランスでも「アナと雪の女王」が大ヒットしましたが、「ライオンキング」や「トイストーリー」も根強い人気なんですよ。

おしゃれキャットの「ディズニー マリー」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ