サイトマップ RSS

【男子テニス】フェデラー盤石 10度目決勝進出 全英OP (1/2ページ)

2015.7.12 10:40

男子シングルス準決勝でアンディ・マリーと対戦し、リターンするロジャー・フェデラー。ストレートで勝利した=2015年7月10日、英国・ウィンブルドン(共同)

男子シングルス準決勝でアンディ・マリーと対戦し、リターンするロジャー・フェデラー。ストレートで勝利した=2015年7月10日、英国・ウィンブルドン(共同)【拡大】

 テニスのウィンブルドン選手権第11日は10日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準決勝で第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)が2013年王者で第3シードのアンディ・マリー(英国)に7-5、7-5、6-4で勝ち、2年連続10度目の決勝に進出した。

 12日の決勝は昨年と同じ顔合わせとなり、男子史上最多の8度目の優勝と四大大会18勝目を目指す33歳のフェデラーは、2年連続3度目の王座を狙う第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

 フェデラーは、安定感抜群のサーブで主導権を握り、氷のような冷静さで仕留めた。「自分の選手生活でも屈指の試合。本当に盤石だった」と誇る内容で、8度目の大会制覇が懸かる決勝への道を切り開いた。

 切れのあるサーブを左右に打ち分け、サービスエースは20本。第1サーブを76%も成功させ、A・マリーに1度しかブレークポイントを与えなかった。

ロジャー・フェデラー「ここのところの出来は最高」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ