サイトマップ RSS

「DS」「Wii」ヒット 任天堂・岩田社長死去 ゲームファン層拡大 世界中から悼む声 (3/3ページ)

2015.7.14 07:30

2006年5月に米カリフォルニア州ロサンゼルスで新型ゲーム機「Wii」を説明する任天堂の岩田聡(いわた・さとる)社長。早すぎる死を悼む声が相次いだ(ロイター=共同)

2006年5月に米カリフォルニア州ロサンゼルスで新型ゲーム機「Wii」を説明する任天堂の岩田聡(いわた・さとる)社長。早すぎる死を悼む声が相次いだ(ロイター=共同)【拡大】

 「新しい未来築こうと…」

 岩田氏の死去を受けて、世界のゲーム業界や地元経済界から13日、短文投稿サイトのツイッターなどを通じて悼む声が相次いだ。

 ソニーの平井一夫社長は「世界中のゲームファンの拡大に尽力してきた功績に敬意を表する」とかつてのライバルをたたえた。

 米マイクロソフトのゲーム部門を率いるフィル・スペンサー氏は「(岩田氏の)情熱と創造性とリーダーシップは業界の地位を高めた」と評価した。

 提携しているDeNAの守安功(もりやす・いさお)社長は「これから岩田さんとともに新しいゲームの未来を築こうとしていた矢先のことで大変残念だ」と悼んだ。

 京都商工会議所の立石義雄会頭(オムロン名誉会長)は「まだまだ若く、京都経済だけでなく、日本のコンテンツ産業の未来を牽引(けんいん)すると期待していた」と惜しんだ。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ