サイトマップ RSS

【男子テニス】ジョコ、鉄壁守備で連覇 「正しく化学反応」 (1/2ページ)

2015.7.14 10:20

男子シングルスで優勝し、喜ぶノバク・ジョコビッチ=2015年7月12日、英国・ウィンブルドン(共同)

男子シングルスで優勝し、喜ぶノバク・ジョコビッチ=2015年7月12日、英国・ウィンブルドン(共同)【拡大】

 テニスの第129回ウィンブルドン選手権最終日は12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-7、6-4、6-3で破り、2年連続3度目の優勝を果たした。28歳のジョコビッチは四大大会9勝目。優勝賞金188万ポンド(約3億5800万円)を獲得した。

 鉄壁の守備で世界最強を証明した。ジョコビッチは準決勝まで切れ味抜群だったフェデラーのサーブを巧みなリターンで攻略。芝の上を滑りながらボールを拾う独特の技術を織り交ぜながら、縦横無尽に動き回って打ち返す。2時間56分の激闘で2連覇を達成すると両腕を突き上げ「史上最高の選手を倒せて誇りに思う」と歓喜に浸った。

 象徴的だったのは第1セットのタイブレーク。積極的に前に出た相手のボレーに猛ダッシュで追いつき、驚異的なコートカバーの広さでリードを奪った。得意のラリーでは深くショットを打ち込んで重圧をかけた。攻め急いでミスを重ねたフェデラーを「岩のような手堅さ」と嘆かせた。

ノバク・ジョコビッチ「経験から学び、年齢的にもまだ限界を感じていない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ