【試乗インプレ】極太トルク&好燃費ディーゼル ジャガー・F-PACEを試す(前編) (3/5ページ)

  • 明石海峡大橋を臨む淡路SAにて。ジャガー・F-PACE
  • セダンのXシリーズに通じる精悍なジャガー顔。ジャガー・F-PACE
  • 引き締まったボディーラインがSUVらしからぬシャープな造形。ジャガー・F-PACE
  • ロングノーズと傾斜のきついリアハッチが、停まっている時にもスピードを感じさせる。ジャガー・F-PACE
  • 後ろ姿はスポーツクーペのF-TYPEを彷彿させる。ジャガー・F-PACE
  • ジャガー・F-PACE
  • エンブレムの奥に非常ブレーキ&クルーズコントロール用のセンサー。上部には死角を映し出すカメラ。ジャガー・F-PACE
  • フロントグリルに設置されたカメラからの映像が死角低減に役立つ。ジャガー・F-PACE
  • ジャガー・F-PACE
  • ジャガー・F-PACE
  • フロントフェンダーのエアアウトレット。ジャガー・F-PACE
  • かなり後ろに傾斜したBピラー。デザインはカッコいいが乗り込もうとすると…ジャガー・F-PACE
  • ドア解錠と同時に電動ステップがせり出す。ジャガー・F-PACE
  • スマートエントリーのセンサーは、前席だけでなく後席ドアノブにも装備。ジャガー・F-PACE
  • リアフェンダーに鋭く切り込んだテールランプが夜道にジャガーの刻印を残す。ジャガー・F-PACE
  • ジャガー・F-PACE
  • 前後輪ともに、タイヤサイズは255/55R19。ジャガー・F-PACE
  • ジャガー・F-PACE
  • 極太トルクを発生させ、巨体を軽々と動かすリッターディーゼルエンジン。ジャガー・F-PACE
  • すっきり上質なインテリア。ジャガー・F-PACE


 極太トルクで楽ちんクルーズ

 アクセルを踏み込んでいざ走り出すと、出足はほんの少しもたつく感じがある。

 アルミをふんだんに用いて軽量化を図ったボディながら、さすがに2リッターエンジンに車重1.9トンは荷が重いか…と思いきや、一度動き出してしまえばそこからは実に力強い。ディーゼルエンジンならではの極太トルクは巨体を軽々と加速させていく。排気量から想像する以上の、あたかも空荷のトラックを走らせているかのごとくモリモリと湧き上がるトルク感は、一人で乗っているのがもったいなく感じられるほど。満員乗車、荷物満載でも余裕で走らせることができるだろう。

 発進加速で一気にアクセルを踏み込み3000回転あたりまで回すと、「ウワァーン」とそこそこ大きな唸りを上げるが、その音にはさすがにガソリンエンジンのような官能性はなく、このあたりは割り切りが必要だ。

 そもそもディーゼルエンジンだから、レッドゾーンは4500回転あたりとガソリンエンジンと比べて低いし、最高出力は180馬力どまりなので、高回転まで引っ張ってもグンと伸びるような加速感が味わえるわけでもない。それよりは1750という低回転から発揮される43kgf・mのトルクを存分に生かしてゆったり転がすのが心地よい。

 100キロ巡行時は8速で1500回転にも満たないから、エンジン音はまったくと言っていいほどキャビン内に入ってこないし、靴の裏にかすかに感じるエンジンルームからの振動以外に、エンジンの動きを伝えるものはない。ただ、市街地走行の渋滞時や信号待ちなどでアイドリングストップから再始動する時は、ガソリンエンジンに比べると少し振動が大きいと感じた。高圧縮のディーゼルエンジンならではの特徴なのでここは慣れるしかない。

 平坦路ではほぼ後輪駆動

 路面状況に応じて最適にトルク配分するよう自動制御された駆動システムは、通常はほぼ後輪駆動として機能する。これはベンツ・GLCなどと同様の仕組みであり、プラットフォームを共有するセダンのXシリーズがいずれも後輪駆動であることに起因するものだ。したがって、ドライブフィールはきわめて乗用車的なごく自然なもので、その挙動に扱いにくさを感じさせるところは微塵もなかった。

ドイツ車的な剛性感とも、国産車的なフワフワ感とも違う

     ライバルはポルシェか、はたまたベンツ、レクサスか  今回試乗したF-PACE 20dは「PRESTIGE」という上級グレードで、装備を簡素化させた最廉価モデル「PURE」は639万円から。基本性能は「PRESTIGE」と共通だ。  ライバルはポルシェのマカンと言われているが、それはF-PACEのラインナップのなかでもパフォーマンス志向の3.5リッターV6ガソリン仕様の話。実用性重視で仕上げられたディーゼル仕様のライバルは、価格設定も近いベンツ・GLCレクサス・RXあたりになるだろう。この2車種と比較した場合、ツーリングが多いユーザーであれば、F-PACEが恐らくもっとも燃費がいいはずだ。  前編はここまで。次回後編では内外装・使い勝手について掘り下げていく。お楽しみに!(産経ニュース/SankeiBiz共同取材) ■基本スペック ジャガー F-PACE 20d プレステージ 8AT 全長/全幅/全高(m) 4.74/1.935/1.665 ホイールベース 2.875m 車両重量 1,920kg 乗車定員 5名 エンジン 直列4気筒 ターボチャージド ディーゼルエンジン 総排気量 1.999L 駆動方式 四輪駆動 燃料タンク容量 60L 最高出力 132kW(180馬力)/4,000rpm 最大トルク 430N・m(43.8kgf・m)/1,750~2,500rpm JC08モード燃費 15.8km/L 車両本体価格 663万円