【試乗インプレ】オーナーのために作られた超高級コンバーチブル ロールス・ロイス「ドーン」 (3/5ページ)

  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」。観音開きするコーチドアが特徴の一つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」。観音開きするコーチドアが特徴の一つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • 高級木材を贅沢に使用したロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • 高級木材を贅沢に使用したロールス・ロイス「ドーン」。差し色がお洒落
  • ロールス・ロイスのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」とエンブレム
  • ウッドパネルのシャッターを閉じて、モニターを隠した状態
  • レザー、ウッド、金属が調和するダッシュボード周り
  • センターコンソール中央のロータリーコントローラーは、ダイアル上部がタッチパッドになっている。右側にはルーフの開閉ボタン
  • 透き通るような美しさの純白メーター
  • 吹き出し口と灯火類スイッチ。写真右のAピラー付近には、両サイドの観音開きドアとトランクを開けるスイッチを配置している
  • アナログ時計
  • メーターフードのレザーももちろん手縫い。その下には電動パーキング、オートホールド、エンジンボタン
  • 独立型のリヤシート。大人でもゆったり座れる広さを誇る
  • 後席のセンターコンソール。後輪駆動のため、直下にはプロペラシャフトが通っている
  • これだけ広ければ後席からの乗り降りも楽ちん
  • ウインドー類の操作スイッチ
  • 金属製のスピーカーとインナーハンドル
  • 英国本社グッドウッドで手作りされている証
  • ドアを開けたら…なんだコレは?答えは次の写真でどうぞ
  • 雨が降っているときはこれをどうぞ
  • ボディカラーにマッチした傘
  • ボディカラーにマッチした傘を開く
  • 精巧に作られた高品質の傘
  • スカイブルーが映える豪華なインテリア
  • ルーフを格納するスペースがあるため、奥行きはあるが高さはない
  • ウッドデッキが開くとルーフが出現
  • ルーフがフロントウィンドーに向けて伸びる
  • ウッドデッキが元の位置に下がり、ルーフ後端が覆いかぶさる
  • 約20秒でルーフを閉じることができる
  • ロールス・ロイス「ドーン」。定番撮影スポットの箱根ターンパイクにて
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • 6.6リッターV12ターボエンジンを搭載
  • すべて開けてみました
  • 6.6リッターV12ターボエンジンを搭載
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイスのホイールセンターは回転しないため、中央のエンブレムは走行中も正立を維持する
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ルーフを閉じたロールス・ロイス「ドーン」
  • ルーフを閉じたロールス・ロイス「ドーン」
  • エンブレムの刺繍。もちろん日の丸やユニオンジャックをオーダーすることもできる
  • シートに施したパイピングもオプション
  • オルガン式ペダルを採用。毛足の長いフカフカの羊毛マットレス
  • 観音開きのドアハンドル。運転手付きで乗るタイプのクルマではないので、自分で開けても大丈夫
  • 人気ドライブスポットの箱根ターンパイクを行く
  • 窓を閉めた状態でも、後席は風の巻き込みが多い
  • 助手席からミラーを覗く
  • 小田原厚木道路を走るロールス・ロイス「ドーン」(アイフォーンで撮影)
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根ターンパイクを走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根で「ドーン」を運転する小島記者。奥には富士山が見える
  • 小涌谷の踏切と箱根登山鉄道
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」のLEDヘッドライト
  • ロールス・ロイスのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」


 好奇の視線に晒され…いよいよ試乗

 さて、まずはルーフを閉じたまま試乗する。走り出しは高級シルクを撫でるようにスムーズ。地下駐車場から地上につながる急な上り坂も、少しアクセルを踏むだけで軽々と駆け上がる。とてつもなく強大なトルクを有するが、それすらも感じさせないほど何かを主張することもなく平然と走る。

 東京駅を出発点に神奈川県の箱根町を目指す。地上に出てから10秒も経たないうちに、助手席の小島記者が「みんなこっちを指さしてるよ」と爆笑。確かに欧米系の旅行者たちがこちらを“ガン見”している。高速道入口の代官町を目指して丸の内・大手町界隈のオフィス街をドライブするが、試乗中にこれだけ好奇の視線に晒されるのは初めての経験だ。ルーフを閉じた“変身前”の状態でも注目の的なのだから、「このファンキーな水色、どんだけ存在感あるんだよ!」という話である。

 高速道路に合流してアクセルを踏み込むと、一瞬で時速100キロに到達する。その圧倒的な瞬発力にもかかわらず、車内の静粛性は相当高いレベルで保たれている。しかもハードトップではなく、6層に重ねたファブリック製のソフトトップで覆われているにもかかわらず…だ。できればレイスに乗って直接比較してみたいとすら思った。

 重厚なボディは超がつくほど剛性が高く、「ドーンなら何があっても守ってくれる」と思わせるほど、キャビン内は常に安心感に包まれている。しかも、速度域を問わずに安定した静粛性を発揮。どこまで速度を上げても挙動が乱れるようなこともないので、「スピードを出して走っている」という感覚があまり伝わってこない。窓の先に広がる景色が加速によってブレることなど皆無。前回のゴースト同様、ドーンの車内はいつだって穏やかだ。ゴーストとの相違点を挙げるならば、ドーンの足回りはスポーティーに振っているため乗り味が硬めだということ。道路の継ぎ目で突き上げを感じる瞬間もあるが、不快になるようなレベルのものではない。

「真冬にオープンカーで…」と思うかもしれないが…