【試乗インプレ】オーナーのために作られた超高級コンバーチブル ロールス・ロイス「ドーン」 (4/5ページ)

  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」。観音開きするコーチドアが特徴の一つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」。観音開きするコーチドアが特徴の一つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • 高級木材を贅沢に使用したロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • 高級木材を贅沢に使用したロールス・ロイス「ドーン」。差し色がお洒落
  • ロールス・ロイスのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」とエンブレム
  • ウッドパネルのシャッターを閉じて、モニターを隠した状態
  • レザー、ウッド、金属が調和するダッシュボード周り
  • センターコンソール中央のロータリーコントローラーは、ダイアル上部がタッチパッドになっている。右側にはルーフの開閉ボタン
  • 透き通るような美しさの純白メーター
  • 吹き出し口と灯火類スイッチ。写真右のAピラー付近には、両サイドの観音開きドアとトランクを開けるスイッチを配置している
  • アナログ時計
  • メーターフードのレザーももちろん手縫い。その下には電動パーキング、オートホールド、エンジンボタン
  • 独立型のリヤシート。大人でもゆったり座れる広さを誇る
  • 後席のセンターコンソール。後輪駆動のため、直下にはプロペラシャフトが通っている
  • これだけ広ければ後席からの乗り降りも楽ちん
  • ウインドー類の操作スイッチ
  • 金属製のスピーカーとインナーハンドル
  • 英国本社グッドウッドで手作りされている証
  • ドアを開けたら…なんだコレは?答えは次の写真でどうぞ
  • 雨が降っているときはこれをどうぞ
  • ボディカラーにマッチした傘
  • ボディカラーにマッチした傘を開く
  • 精巧に作られた高品質の傘
  • スカイブルーが映える豪華なインテリア
  • ルーフを格納するスペースがあるため、奥行きはあるが高さはない
  • ウッドデッキが開くとルーフが出現
  • ルーフがフロントウィンドーに向けて伸びる
  • ウッドデッキが元の位置に下がり、ルーフ後端が覆いかぶさる
  • 約20秒でルーフを閉じることができる
  • ロールス・ロイス「ドーン」。定番撮影スポットの箱根ターンパイクにて
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • 6.6リッターV12ターボエンジンを搭載
  • すべて開けてみました
  • 6.6リッターV12ターボエンジンを搭載
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイスのホイールセンターは回転しないため、中央のエンブレムは走行中も正立を維持する
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ルーフを閉じたロールス・ロイス「ドーン」
  • ルーフを閉じたロールス・ロイス「ドーン」
  • エンブレムの刺繍。もちろん日の丸やユニオンジャックをオーダーすることもできる
  • シートに施したパイピングもオプション
  • オルガン式ペダルを採用。毛足の長いフカフカの羊毛マットレス
  • 観音開きのドアハンドル。運転手付きで乗るタイプのクルマではないので、自分で開けても大丈夫
  • 人気ドライブスポットの箱根ターンパイクを行く
  • 窓を閉めた状態でも、後席は風の巻き込みが多い
  • 助手席からミラーを覗く
  • 小田原厚木道路を走るロールス・ロイス「ドーン」(アイフォーンで撮影)
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根ターンパイクを走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根で「ドーン」を運転する小島記者。奥には富士山が見える
  • 小涌谷の踏切と箱根登山鉄道
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」のLEDヘッドライト
  • ロールス・ロイスのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」


 細めの大径ハンドルは低・中速度域ではふわりと軽く、高速走行になると反力が増してぐっと引き締まる。ホイールベースの長さを生かした直進安定性は特筆ものだ。サルーンのゴーストよりもロードインフォメーション(路面状況)の入力が多めでダイレクト感があるので、ハンドルを連続して切るような場面では、より刺激的なドライビングが楽しめる。

 ルーフを開けると…

 小田原厚木道路の小田原パーキングエリアで休憩を取り、いよいよルーフを開けてみる。センターコンソールのスイッチを押し続けると、頭上を覆っていた幌が後方に向かって動き始め、やがてリヤシートの背後に静かに消えていった。この間わずか20秒。時速50キロまでなら走行中でも開閉ができるそうだ。

 この日はオープン走行には最高の上天気(というか、数日前に天気予報をチェックしてから広報車を手配)。ここから先は小島記者と交互にドライブする。風の巻き込みを防ぐため、窓は閉めた状態だ。一部読者は「真冬にオープンカーで…」と思うかもしれないが、実はこのくらいの季節の方が快適だったりする。経験者は分かると思うが、太陽がじりじりと照り付ける真夏のオープン走行はまさに地獄。逆に、寒い時期でもルーフを開けて窓を閉め、暖房を全開にして走ると車内はかなり暖かくて気持ちがいい(小島記者はこれをよく「露天風呂」に例えている)。

 とはいえ、高速道でのオープン走行はそれなりに乱気流が発生する。ちなみに小島記者が所有するコンバーチブルの方が、風の巻き込みは少ないそうだ。この手のクルマでは仕方のないことではあるが、とくに後席は強い風が舞うため、女性を乗せるときは助手席をお勧めしたい。

 よりオープン走行を満喫できるのは、一般道に降りたときだ。車速の低下とともに風の巻き込みは軽減され、車内の快適性が一段とアップする。箱根の山の美味しい空気や木々のにおいに酔いしれ、頭上には抜けるようなきれいな青空が広がる。普段からコンバーチブルを運転する小島記者でさえ、「こんな景色、見たことないよ」と満面の笑みを浮かべている。キャビンが大きい4シーターの後席から見上げる空は、ピラー(窓の柱)など視界を遮るものは一切ないのだ。

富士屋ホテルを訪れると…