【試乗インプレ】オーナーのために作られた超高級コンバーチブル ロールス・ロイス「ドーン」 (5/5ページ)

  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」。観音開きするコーチドアが特徴の一つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」。観音開きするコーチドアが特徴の一つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • ロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • 高級木材を贅沢に使用したロールス・ロイス「ドーン」。リヤシートを囲うウッドデッキがひと際目立つ
  • 高級木材を贅沢に使用したロールス・ロイス「ドーン」。差し色がお洒落
  • ロールス・ロイスのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」とエンブレム
  • ウッドパネルのシャッターを閉じて、モニターを隠した状態
  • レザー、ウッド、金属が調和するダッシュボード周り
  • センターコンソール中央のロータリーコントローラーは、ダイアル上部がタッチパッドになっている。右側にはルーフの開閉ボタン
  • 透き通るような美しさの純白メーター
  • 吹き出し口と灯火類スイッチ。写真右のAピラー付近には、両サイドの観音開きドアとトランクを開けるスイッチを配置している
  • アナログ時計
  • メーターフードのレザーももちろん手縫い。その下には電動パーキング、オートホールド、エンジンボタン
  • 独立型のリヤシート。大人でもゆったり座れる広さを誇る
  • 後席のセンターコンソール。後輪駆動のため、直下にはプロペラシャフトが通っている
  • これだけ広ければ後席からの乗り降りも楽ちん
  • ウインドー類の操作スイッチ
  • 金属製のスピーカーとインナーハンドル
  • 英国本社グッドウッドで手作りされている証
  • ドアを開けたら…なんだコレは?答えは次の写真でどうぞ
  • 雨が降っているときはこれをどうぞ
  • ボディカラーにマッチした傘
  • ボディカラーにマッチした傘を開く
  • 精巧に作られた高品質の傘
  • スカイブルーが映える豪華なインテリア
  • ルーフを格納するスペースがあるため、奥行きはあるが高さはない
  • ウッドデッキが開くとルーフが出現
  • ルーフがフロントウィンドーに向けて伸びる
  • ウッドデッキが元の位置に下がり、ルーフ後端が覆いかぶさる
  • 約20秒でルーフを閉じることができる
  • ロールス・ロイス「ドーン」。定番撮影スポットの箱根ターンパイクにて
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • 6.6リッターV12ターボエンジンを搭載
  • すべて開けてみました
  • 6.6リッターV12ターボエンジンを搭載
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイスのホイールセンターは回転しないため、中央のエンブレムは走行中も正立を維持する
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」
  • ルーフを閉じたロールス・ロイス「ドーン」
  • ルーフを閉じたロールス・ロイス「ドーン」
  • エンブレムの刺繍。もちろん日の丸やユニオンジャックをオーダーすることもできる
  • シートに施したパイピングもオプション
  • オルガン式ペダルを採用。毛足の長いフカフカの羊毛マットレス
  • 観音開きのドアハンドル。運転手付きで乗るタイプのクルマではないので、自分で開けても大丈夫
  • 人気ドライブスポットの箱根ターンパイクを行く
  • 窓を閉めた状態でも、後席は風の巻き込みが多い
  • 助手席からミラーを覗く
  • 小田原厚木道路を走るロールス・ロイス「ドーン」(アイフォーンで撮影)
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根ターンパイクを走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根を走るロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根で「ドーン」を運転する小島記者。奥には富士山が見える
  • 小涌谷の踏切と箱根登山鉄道
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • 箱根の富士屋ホテルとロールス・ロイス「ドーン」
  • ロールス・ロイス「ドーン」のLEDヘッドライト
  • ロールス・ロイスのマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」


 富士屋ホテルを訪れる

 ルーフを開けたドーンは豪華なキャビンも乗員の表情も露わとなるため、観光客の多い箱根では再び大注目を浴びることとなった。ここで変に恥ずかしがっても、逆にヘラヘラしていても見苦しいので、開放的な雰囲気や景色を楽しみながら堂々とドライブする。もうすぐ箱根駅伝の舞台となる東海道をゆったりと流していると、約140年の歴史を誇る「富士屋ホテル」に到着した。「ドーンを玄関前に止めて様になるホテルはここしかない!」と数日前に連絡したところ、ピークアワーを外すことを条件に撮影を快諾してくれたのだ。実際にドーンを止めてみると、どちらか一方が霞むこともなく、絶妙なバランスでお互いに引き立てあっている。

 ホテル従業員が一人、また一人と表に出てきてドーンを囲む。「これはカッコいいですね」とモテモテのドーン。そんなホテルマンたちを眺めながら、「こういう時にふと素の表情を見せるところが、高級ホテルなのに気取っていなくていいよね。でも、誰一人としてスマホで撮影しないところはさすがプロ」と小島記者。この辺の親しみやすさが、長きにわたって「富士屋ホテル」が愛され続ける所以なのだろう。ホテルの利用客もドーンに興味津々の様子で、写真に収める人もいる。とにかくドーンは人々を惹きつける力と、みんなを笑顔にするオーラがある。こんな貴重な体験ができるのも、きっとロールス・ロイスを所有する喜びなのだろう。

 運転中にこんなことも考えていた。「自分にこのクルマの価値が分かるのだろうか」と-。それでも個人的な感想を言わせてもらえれば、ドーンの最大の魅力は「自分らしさを表現できる唯一無二のオープンカー」だということだ。ラグジュアリーカーは高級・高性能でいわば当たり前。では、それ以外の付加価値は何なのか。その答えは「すべてをオーダーメードして、それを練達の職人たちが情熱とプライドを持って手作りしている」ということではないか。そこから生まれるのは、クラフツマンシップの流儀が息づく「本物の美しさ」と、完璧を求めるロールス・ロイス独自の世界観だ。

 広報車には1000万円分のオプションが加えられていた。「ほとんどのお客様は平均してこのくらい使われます」というから仰天だ。そこまでこだわりを持って作り上げたドーンに大切な仲間たちを乗せて、オープンカーでワクワク感に満ちた時間を共有すれば、同じ道を別のクルマで走るのとはまったく中身の違うストーリーを楽しむことができるだろう。

※あす31日は試乗インプレの編集チームが選ぶ「カー・オブ・ザ・イヤー2017」をお送りします。お楽しみに。

主なスペック ロールス・ロイス ドーン(試乗車)

全長×全幅×全高:5285×1947×1502ミリ

ホイールベース:3112ミリ

車両重量:2560キロ

エンジン:ターボチャージャー付きV型12気筒

総排気量:6.6リットル

最高出力:420kW(571ps)/5250rpm

最大トルク:820Nm/1600~4750rpm

トランスミッション:8速AT

タイヤ:(前)255/40R21(後)285/35R21

駆動方式:後輪駆動

トランク容量:321リットル

定員:4名

最高速度:250キロ/h(リミッター制御)

ハンドル:右

燃費:5.94キロ/L(筆者が満タン法で計測)

車両本体価格:3740万円