【経済インサイド】自動運転で先行する商用車の巨人・ダイムラー 次の一手は (3/3ページ)

  • 独ダイムラーは世界最大の商用車ショー「IAA国際モーターショー」のプレスデーで、車台が自動走行し人や物を運ぶ電気商用車のコンセプトカーを披露した=9月、ドイツ・ハノーバー(臼井慎太郎撮影)
  • 世界最大の商用車ショー「IAA国際モーターショー」には独フォルクスワーゲングループのトレイトンも出展。同社ブースには日野自動車の小型電気バス「ポンチョEV」が展示されていた=9月、ドイツ・ハノーバー(臼井慎太郎撮影)
  • 世界最大の商用車ショー「IAA国際モーターショー」は今後の商用車市場を占う前哨戦となった=9月、ドイツ・ハノーバー(臼井慎太郎撮影)
  • スウェーデンのボルボは世界最大の商用車ショー「IAA国際モーターショー」に近未来の物流を見据えた自動運転電気トラックのコンセプトカー「ベラ」を展示した=9月、ドイツ・ハノーバー(臼井慎太郎撮影)
  • 世界最大の商用車ショー「IAA国際モーターショー」のプレスデーで、自動運転機能を搭載した新型大型トラック「アクトロス」を紹介した独ダイムラー商用車部門総責任者のマーティン・ダウム取締役(中央)ら=9月、ドイツ・ハノーバー(臼井慎太郎撮影)
  • メルセデス・ベンツブランドのトラックを生産する独ダイムラーのヴェルト工場=ラインラント・プファルツ州(同社提供)
  • 独ダイムラーは世界最大の商用車ショー「IAA国際モーターショー」で、丸々2つのホールを占有し技術や商品力をアピールした=9月、ドイツ・ハノーバー(臼井慎太郎撮影)
  • 独ダイムラーは世界最大の商用車ショー「IAA国際モーターショー」のプレスデーで、自動運転機能搭載の新型大型トラック「アクトロス」を公開した=9月、ドイツ・ハノーバー(臼井慎太郎撮影)


 運送事業者は高額の自動運転車であっても、運転手の負担軽減や車両の稼働率向上などにつなげられるとわかれば、新技術の導入を検討しやすい。IHSマークイットの佐々木美喜マネージャーは「車両の性能だけでは次世代市場で勝ち残れない。自動運転車に運送事業者が稼げるサービスを組み合わせ提案する力量が試される」と指摘する。

 トヨタとソフトバンクグループは10月4日、自動運転を柱とする新しい移動サービスで提携すると発表。世界に冠たるトヨタでさえ、車を造って売る本業だけでは立ちゆかなくなるとの危機感を持ち、自動運転の頭脳を担う人工知能(AI)などの分野に力を注ぐソフトバンクと組んだ。

 商用車メーカーも移動サービスで商機を広げる過程で異業種との連携を迫られそうだ。来春の株主総会での承認を目指しトラック・バス部門などを分社化する意向のダイムラーからは、各事業の機動力を高めて次世代車市場の攻略を急ぐ思惑が透けて見える。同社の行方から目が離せない。

(臼井慎太郎)