値上げ、高齢者雇用義務化…こうなる暮らし (2/2ページ)

2013.3.31 09:39

4月からこう変わる

4月からこう変わる【拡大】

 「まさか」のための保険料も値上げされる。金融庁が、保険会社が契約者に約束する運用利回りの目安である「標準利率」を、年1・5%から1・0%へと12年ぶりに改定。

 保険会社は将来の保険金支払いの原資を確保するため、4月以降の新契約分について、終身保険や年金保険の保険料を値上げする。自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料も、平均13・5%引き上げられる。

 制度面では、使用済みの携帯電話やパソコンなどの小型家電を市区町村が回収し、中に含まれるレアメタル(希少金属)などを再資源化する「小型家電リサイクル法」が施行される。

 このほか、改正高年齢者雇用安定法の施行により、65歳までの希望者全員の雇用が企業に義務付けられる。年金を受け取るまでの収入のない空白期間が生じることを避けるためだが、企業側は定年延長や継続雇用で対応する。

 平成25年度税制改正では、祖父母または父母が、子や孫の教育費を援助する特例が設けられる。27年末まで1人当たり1500万円までの贈与税が非課税となる。

  • 急速な円安の副作用、家計負担じわり ガソリン11週連続上昇、小麦も値上げか
  • 関西企業“関電離れ”の動きも 「どうすれば…」電力値上げに頭悩ます
  • 関電、値上げ逆風下で「病院新装」 消費者の理解を得られるか
  • 円安副作用 値上げの春 小麦、食用油…家計圧迫の恐れ
  • 電炉メーカー存亡危機 電力値上げ、輸入鋼材増加で収益悪化

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!