日本郵政、直営2万局の威力 国内最大の“総合サービス企業”に変貌 (1/4ページ)

2013.7.31 06:00

日本郵政とコンビニ、生保の比較

日本郵政とコンビニ、生保の比較【拡大】

 国内最大の“コンビニエンスネットワーク”が動き始めた。政治に揺さぶられ続けた日本郵政が、株式上場に向け、全国2万4000を超える郵便局ネットワークの活用を本格化。米医療保険最大手アメリカンファミリー生命保険(アフラック)のがん保険を5年かけて全直営2万局で販売するほか、規制の足かせのない「新規業務」を相次ぎ打ち出す方針だ。セブンーイレブン・ジャパンなど大手コンビニ店舗網をも凌駕(りょうが)する郵便局ネットワークが“総合サービス企業”に変貌しはじめた。

 地方開拓に強み

 日本郵政とアフラックが26日に発表した業務提携拡大は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の事前交渉で「非関税障壁」だと批判していた米政府に配慮した官民の共同歩調と取り沙汰された。

 しかし、関係者の話を総合すると事情は少し違うようだ。

 日本郵政が全国約300の郵便局窓口でアフラックのがん保険を発売したのは2008年10月。当初、「郵便局にがん保険が売れるのか」(生保業界)と冷ややかにみられていたが、わずか1年足らずで取扱郵便局は1000局に拡大。

今回の提携拡大は、がん保険などの「販売ノウハウを蓄積してきた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!