インドのスクーター、4年で26%増 道路整備や女性人気が後押し (2/2ページ)

2013.11.22 07:25

 教育水準が高いとされる北部チャンディガルや南部ケララ州では、すでにスクーターの販売台数がバイクの台数を追い抜いており、「次は経済成長が著しい西部グジャラート州が狙い目だ」と販売戦略を練る。

 同社の10月のスクーター販売台数は前年同月比50%増の19万3058台を記録した。

 また、インドでは女性の社会進出にともない、バイクより扱いやすいスクーターが女性の足として定着しつつあることも販売数増加に拍車をかける。現在、スクーターを初めて購入する人のうち4割が女性で、メーカー各社は女性をターゲットにした商品開発や販売促進に注力している。

 今年は豊作が見込まれることから、農村部で農作業の繁忙期を前にスクーターの売り上げも伸びており、今後、国内外のメーカーによる激しい販売合戦が続きそうだ。(ニューデリー支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。