株主総会ピーク、初の40%割れ 出席できるよう開催日を分散化

2014.6.12 05:00

 東京証券取引所は11日、3月期決算企業の定時株主総会がピークを迎える今月27日に、上場企業の38.7%(前期比3.3ポイント減)に当たる918社が総会を開くと発表した。東証によると、集中率が40%を下回るのは初めて。

 集中率が低下しているのは、他の企業と開催日が重複するのを避け、より多くの株主が出席できるよう、開催日を分散化する企業が増えているためだ。

 東証によると、集中率は1995年3月期に96.2%とピークに達した。同じ時間帯に総会を開く企業もあり、株主からは「時間が重なって総会に参加できなくなった」などの批判が上がっていた。

 これを受けて、各社は開催日を変更するなど、開催日の分散化を推進。ここ最近は40%台で推移する年が多くなっていたという。

 一方で、少額投資非課税制度(NISA)が今年1月に始まり、個人株主の裾野が広がるなか、株主優待の採用に踏み切る企業も増加。総会に参加する個人株主が増える可能性もある。

 野村証券によると、投資家が議決権を行使しやすくする目的で、招集通知を会社法が定める14日前よりも早く送付したり、自社ウェブサイトなどで株主への送付より早く公表したりする企業の割合も高まっているという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。