韓国またノーベル賞ゼロ… 中国に抜かれて焦った? 日本称賛も目立つ (1/4ページ)

2015.10.31 17:05

大村智・北里大特別栄誉教授のノーベル医学・生理学賞受賞を伝える本紙号外を受け取る人々=大阪市北区のJR大阪駅前(恵守乾撮影)

大村智・北里大特別栄誉教授のノーベル医学・生理学賞受賞を伝える本紙号外を受け取る人々=大阪市北区のJR大阪駅前(恵守乾撮影)【拡大】

  • 梶田隆章さんがノーベル物理学賞を受賞したことを伝える号外を受け取る人たち=JR大阪駅前

 「スポーツの試合で言えば『21-0』の大差」と韓国紙、朝鮮日報(電子版)が報じた。ノーベル賞の自然科学分野の日本人受賞者は、医学・生理学賞の大村智・北里大特別栄誉教授と物理学賞の梶田隆章・東京大宇宙線研究所教授が加わり21人になる。一方、国内総生産(GDP)に占める研究・開発(R&D)投資の割合が世界1位の韓国はゼロ。例年「なぜ日本ばかりなのか」の類の記事がメディアを賑わすのだが、今年は冷静な分析や日本への称賛も目立つ。中国の研究者が先に受賞することへの焦りも背景にあるのか。

 日本人は「常軌を逸した科学者」と称賛?

 韓国メディアは毎年10月になると、自然科学分野のノーベル賞受賞者ゼロをめぐる原因分析、政府などに対する責任追及、叱責に余念がない。もちろん、日本への羨望もある。今年もそうした報道があるにはあるが、例年に比べるとメディアの受け止め方が冷静にみえる。

 たとえば朝鮮日報(電子版)は、日本人のノーベル賞ラッシュを「日本特有の職人気質(かたぎ)も一役買っている」と分析。そして地方大学や地方企業で、日本の「マッド・サイエンティスト(常軌を逸した科学者)」たちが、誰もしない「常軌を逸した研究」を続けた末にノーベル賞を取ったのだと指摘する。

誰もがあきらめて見限った研究に20年以上も没頭した

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。