【クレムリン経済学】経営権譲らず市場は懐疑的 露、主要国営企業の民営化検討 (1/3ページ)

2016.2.22 05:00

国営企業の民営化についての会議で発言するプーチン大統領=1日(AP)

国営企業の民営化についての会議で発言するプーチン大統領=1日(AP)【拡大】

 ロシア政府が主要国営企業の民営化を検討している。原油価格下落と欧米の経済制裁で財政が逼迫(ひっぱく)する中、株式売却で歳入を補填(ほてん)することが狙いだ。ただ政権は企業の経営権は譲らず、外資の参加も厳しく制限する構え。最終的な売却先は政権に近いオリガルヒ(新興寡占資本家)になるとの見方も根強く、彼らが廉価に株を取得するだけとの冷ややかな指摘も出ている。

 ◆財政悪化で方針転換

 プーチン大統領は1日、クレムリンで国営企業の民営化計画に関する会議を開催した。露紙ベドモスチによると、会議には国営石油企業「ロスネフチ」や同業の「バシネフチ」「ロシア鉄道」「VTB銀行」、航空最大手の「アエロフロート」、海運の「ソブコンフロート」、ダイヤモンド独占採掘企業「アルロサ」の7社幹部が呼ばれた。露政府はこれらの企業の株式売却に向け、検討に入ったとみられる。

 政権による主要産業へのコントロールを重視するプーチン氏が2012年に大統領に再任されて以降、ロシアでは国営企業の民営化はほとんど行われなかった。しかし財政悪化を受けて、政権は方針の転換に動いたとみられている。ロイター通信によると、シルアノフ財務相は売却を通じ、1兆ルーブル(約1兆5000億円)の調達を目指す考えを明らかにしている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。