金に投資マネー流入 米大統領選、利上げ…世界経済波乱含み (1/2ページ)

金のネックレスが並ぶバンコクの宝飾店。世界経済の不確実性が高まり、金に投資マネーが流入している(ロイター)
金のネックレスが並ぶバンコクの宝飾店。世界経済の不確実性が高まり、金に投資マネーが流入している(ロイター)【拡大】

 貴金属調査会社トムソン・ロイターGFMSは23日、今年10~12月の金の国際価格について、平均1オンス=1365ドルとの予測を明らかにした。米国の大統領選や利上げを受け、年末にかけて緩やかな上昇相場となる見込みだ。世界経済の不確実性が高まる中で、“安全資産”としての金に投資マネーが流入する傾向はしばらく続きそうだ。(米沢文)

 米ニューヨーク市場の金先物価格の22日終値は1オンス=1337ドル。同社の予測では、2016年の平均は1279ドルにとどまるが、年後半にかけて上昇基調が強まるという。17年は1350ドル、18年は1400ドルを見込む。

 金価格を見る上で、注目されるのが米大統領選の行方だ。同社のキャメロン・アレクサンダー氏は23日、東京都内で開いたセミナーで「外交経験のない共和党のトランプ氏の勝利が近づくとアジアや中東で不確実性が高まり、金が買われやすい状況になる」と分析。また、「株式の長期保有を促す税制を掲げる民主党のクリントン氏の勝利が見えてくると、金以外の資産への関心が高まり、金価格にはマイナスになる」と解説した。