高論卓説

地域見守るAI監視カメラシステム “未来都市”待たず今すぐ導入を (1/2ページ)

 (1)スーパーシティ(2)スマートシティ(3)スマートコミュニティー-これらの用語の違いは何なのかご存じだろうか。ググってみると(1)の件数が最も多いが、1980年代の流行歌の歌詞にある「スーパーシティ」の影響もあるかもしれない。

 実はこれら3つの用語は、(1)が内閣府、(2)が国土交通省とその変形タイプで頭にICT(情報通信技術)がつくのが総務省、(3)が経済産業省という各省主導による未来都市構築プロジェクトに関するキーワードである。

 内閣府のスーパーシティ構想を実現するための国家戦略特区法案は閣議決定されたが、6月の通常国会で廃案となっている。未来都市には技術を活用した社会課題の解決が求められるが、都市の安全・安心の確保はいずれのプロジェクトでも重要な課題の一つである。

 地域社会の安全について考えさせられる事件が6月に2件発生した。大阪府吹田市の交番で警察官が包丁で刺され拳銃を奪われた事件と神奈川県愛川町で受刑者が刃物を持ち出して逃走した事件である。

 吹田の事件は16日の早朝に発生し、翌17日の朝に強盗殺人未遂で容疑者は逮捕された。監視カメラの映像をリレー方式で追う捜査により、犯人の足取りをたどり早期逮捕に至った。

 愛川の事件は19日午後1時半ごろ実刑判決が確定した受刑者を検察庁の職員が収容しようとしたところ車で逃走し、事件5日目の23日早朝に厚木市でようやく逮捕された。この事件では事件発生の夜には厚木市内で逃走車両が見つかり、警察が周辺のコンビニエンスストアの防犯カメラ映像を調べたところ、容疑者が写っていた。さらに別のコンビニの防犯カメラにも容疑者が写っていたが、逮捕まで日数を要している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus