SankeiBiz for mobile

富裕層への近道は「みっともなく生きる」 脱サラ失敗、夜逃げ、億の借金…

記事詳細

富裕層への近道は「みっともなく生きる」 脱サラ失敗、夜逃げ、億の借金…

配信元:PRESIDENT Online 更新

 でないと、深い谷底に真っ逆さまに転げ落ちるでしょう。つまり、生活に必要最低限の費用以外はすべてそぎ落として、全可処分所得をまずは貯蓄に振り向け、「種銭」をつくる必要があります(ただし、貯蓄だけでは十分とはいえませんが)。要は無駄遣いしない。これができるかどうかです。実際はできない人も少なくありません。

 必要最低限の費用以外はすべてそぎ落とした生活費にすることは、都落ちすることでもないし、恥ずかしいことでもない。ちょっとした勇気と周りにどう見られるかを恐れない心さえあれば可能なのです。

 これが、富裕層への道なのです。

 生活レベルを落とせない人は自ら転落する

 ですが高収入貧乏の人はこれが、身を切るより痛い。消費のグレード(生活レベル)を落とすことが職業生命、名声、信用と消費が密接不可分の関係にあって片方をなくせば片方を失うという関係にあるのが特徴です。その点、高収入であることは決して貯蓄に対して有利とはいえないのです。

ランキング