SankeiBiz for mobile

ウクライナ武力衝突再燃 25人死亡 緊迫の首都 反政府デモ数千人排除

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの国際

ウクライナ武力衝突再燃 25人死亡 緊迫の首都 反政府デモ数千人排除

更新

ウクライナ・首都キエフ  野党勢力の反政府デモが続くウクライナの首都キエフで2月18日、デモ隊と治安部隊の衝突が再燃した。治安部隊は18日から19日にかけ、首都中心部を占拠する野党勢力の強制排除に着手し、保健省は19日、衝突で25人が死亡、350人以上が負傷したと発表した。野党側が銃器を使用したとの情報もあり、昨年(2013年)11月から続く混乱は最悪の事態に発展、米国や欧州連合(EU)も懸念を表明した。

 野党「ウダル」のビタリ・クリチコ党首(42)らは19日、ビクトル・ヤヌコビッチ大統領(63)と会談したが、大統領は治安部隊の撤収を拒否し事態収拾のめどは立たなかった。

 政権側は18日の衝突の際、治安部隊員が銃撃で死亡したと主張。「反テロ作戦」として高圧放水銃や催涙ガス、装甲車数台を投入し、「独立広場」に陣取る数千人の排除に着手した。周辺のバリケードを撤去し、広場の一部に進入した。

 野党側も投石や火炎瓶で激しく抵抗。タイヤや木材に火を付け、治安部隊の前進を阻んだ。治安部隊は19日未明、突入の動きを止めたが、広場の包囲網を狭めて野党側への圧力を強めている。

 西部テルノポリでも野党勢力が治安当局の施設に放火、地元検察の庁舎を占拠するなど混乱が拡大した。西部イワノフランコフスクでは野党勢力がいったんは放棄していた行政府を再び占拠した。

 反政府デモは、ヤヌコビッチ政権が昨年(2013年)11月にEUとの関係強化路線を棚上げしたことに野党勢力が反発して始まった。政権側は親ロシア色を強め、対立が先鋭化した。

 ≪米副大統領、電話で「深刻な懸念」表明≫

 ジョー・バイデン米副大統領(71)は2月18日、ヤヌコビッチ大統領と電話で会談し、首都キエフで政権側と野党勢力の衝突が再燃したことに「深刻な懸念」を表明し、「治安部隊の撤収と最大限の自制」を求めた。ホワイトハウスが公表した。

 バイデン氏は電話会談で、デモには政治改革という正当性があるとの認識を示した上で、野党勢力と直ちに対話を行う必要性に言及。米国は双方の暴力を非難するとしながらも、政権側には緊張緩和に向けた「特別な責任がある」と指摘した。

 ジェイ・カーニー米大統領報道官(48)は18日の記者会見で「実力を行使しても危機は解決できない」と強調。キエフ市内に多数の治安部隊が集まり、実際に衝突が起こったことに「愕然(がくぜん)としている」と述べた。

 ≪緊張緩和の兆し消し飛ぶ≫

 炎の帯が夜空を焦がし、怒号と火炎瓶が飛び交った。治安部隊が野党勢力の強制排除に乗り出した首都キエフ。事態は2月19日、ついに大量の流血を招き、市街戦の様相を帯びた。

 装甲車数台が、野党側が占拠する市中心部へ突進し、1台は炎に包まれた。野党側は治安部隊の前進を阻むため、デモ隊が拠点とする独立広場の周辺にタイヤや木材を集めて火を付け、真っ赤な炎と黒々とした煙が一帯を包んだ。爆発音が絶え間なく響き、頭や顔から血を流した市民が次々に病院に運ばれた。

 内務省が発表する死者の数は刻々と増えた。野党側が銃器を使用したとの情報が緊張を一層高めた。治安部隊はじりじりと野党側との距離を詰めた。ヤヌコビッチ政権が野党側活動家らを釈放したことで生まれた緊張緩和の兆しは、一気に消し飛んだ。(共同/SANKEI EXPRESS (動画))

 ■ウクライナの反政府デモ ウクライナのヤヌコビッチ政権が昨年(2013年)11月、欧州連合(EU)との関係を強化する連合協定を締結の直前に棚上げし、これに反発した野党勢力を中心に首都キエフでデモが始まった。デモ隊はキエフ中心部の独立広場や市庁舎を占拠し、欧州統合路線への回帰と2015年に予定される大統領選の前倒しを求めた。デモは地方都市にも波及、治安部隊との衝突も起き死傷者が出た。歴史・経済的に結び付きが強い隣国ロシアとの関係を重視する政権側の与党勢力もデモを実施しており、国論を二分している。(共同)

ランキング