SankeiBiz for mobile

【私のおしゃれ学】歌舞伎俳優 中村隼人さん 大きな芸と見せ方に憧れ

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSのエンタメ

【私のおしゃれ学】歌舞伎俳優 中村隼人さん 大きな芸と見せ方に憧れ

更新

歌舞伎俳優、中村隼人さん。[衣裳協力]ジャケット6万8040円、パンツ2万520円、ベスト2万1600円、シャツ1万2960円、ネクタイ9612円、ベルト9612円、チーフスタイリスト私物(価格はすべて税込み)=2014年12月8日(大石一男さん撮影)  「苦労ですか…。たくさんありますけれど、舞台に出させていただいているだけでありがたいです。今は修業中なので、すべてが勉強。いろんなお役を、できる限り経験して、幅の広い役者になりたいです」。歌舞伎界で最も輝く20代花形役者の一人。端正で甘い風貌は、多くの女性ファンの心をとらえて離さない。26日に千穐楽を迎える新春浅草歌舞伎に出演しているほか、テレビドラマやバラエティーなどで活躍している。

 名門・萬屋の二代目中村錦之助の長男に生まれ、小学2年生で初舞台。以来、歌舞伎から遠ざかることなく、舞台に出続けている。

 舞台に立つ前、自分が演じる役の資料を読み込み、昔の映像に目を通す。「初めて演じるお役は、ちゃんと勉強しなければいけないし、2度目以降のお役だったら、もっと深く掘り下げ、前以上に良いものを演じてお客さまに満足していただかなくてはいけない」と話す。

 歌舞伎はまず基本があって、そこから個性が生まれる。「新春浅草歌舞伎の第二部『仮名手本忠臣蔵 五段目・六段目』での役どころの千崎弥五郎は、これまで何百人もの先輩が演じている。お客さまに満足していただける千崎を表現するには、まず基本を完全に身につけ、自分なりの千崎を創り演じなければならない」という。

 中村吉右衛門の大きな芸と自分の見せ方に憧れている。「1月浅草の『五段目・六段目』で尾上松也さんが演じている早野勘平をやってみたい。僕には若衆や女方が多いんだけど、敵役みたいな悪役にも挑戦してみたい」と表情を輝かせる。

 4年前は普通の高校生。本格的に歌舞伎に打ち込み、ファッション関係の仕事が舞い込むようになったことから、スーツなどを着ることにも関心を持つようになった。舞台の楽屋では自身のファッションに対しての仲間の反応を確かめているという。

 今回の写真撮影で用意されたのはいずれも柄が異なるシックなジャケットとベスト、パンツ。一見すると、年齢層が高く、難しい組み合わせだが、筋肉質の体は驚くほど格好良く着こなす。「最初はあまり着たことがない色合いで、似合うかどうか心配でしたが、着てみたらしっくりきました。感覚は“新境地”ですね」とさわやかな笑みを見せた。

 かつて歌舞伎界から映像のスターになった初代中村錦之助が歌舞伎に戻って芝居をしたとき「俺には歌舞伎のにおいがない」と嘆いたという。「歌舞伎をやっているからこそ、その人にしか出せないにおいがある。それは役者の雰囲気、魅力につながるもので、この若いときの修業が中途半端になることを戒めた言葉を大事にしたい」と締めくくった。(文:水戸貞利/撮影フォトグラファー 大石一男/SANKEI EXPRESS

スタイリスト:石橋修一

ヘアメーク:佐藤健行(HAPP’S.)

 ■なかむら・はやと 1993年、歌舞伎俳優・中村信二郎(現二代目中村錦之助)の長男に生まれる。俳優の萬屋錦之介、中村嘉葎雄は大叔父。初舞台は、2002年の歌舞伎座『寺子屋』の松王丸一子・小太郎。07年の国立劇場『堀部彌兵衛』のさち役で国立劇場特別賞。歌舞伎以外では土曜時代劇「陽炎の辻3~居眠り磐音江戸双紙~」(NHK)で徳川家基役、大河ドラマ「龍馬伝」(NHK)で徳川家茂役、同じく「八重の桜」で松平定敬役など。身長175センチ。性格は「大の負けず嫌い」。好きな言葉は「温故知新」、理由は日本伝統文化の歌舞伎を修業する自分にぴったりだから。結婚は「27歳ぐらいで」と考えている。

 【ガイド】

 ■『二月花形歌舞伎』公演日程 2月4日(水)~26日(木)博多座(福岡市博多区)。<昼の部>10時半開演/11時半開演。<夜の部>16時半開演(偶数日は昼の部のみ、15日夜の部は貸切)。<問い合わせ>博多座電話予約センター (電)092・263・5555

五大陸ウェブサイト www.grillkodakara.com

問い合わせ先:オンワード樫山 <お客様相談室>(電)03・5476・5811

ランキング