ビジネスパーソン大航海時代

10人でスピード上場の先にあるもの ブレない人生の矜持とは~航海(13) (1/4ページ)

小原聖誉
小原聖誉

 今回は、新卒で大手総合商社トーメン(現豊田通商)に入社し、インターネット黎明期を迎えるとベンチャーに転身、そのあとスピンアウト創業した会社で上場を実現した伊藤彰浩さん(株式会社ウィステリア代表取締役)についてお話させてください。

 みなさんは「社長」と聞くとどのような印象をお持ちになるでしょうか?

 社長とは実にさまざまです。一人で経営しても社長、10万人社員がいても社長です。そんな、多様な社長から認められる唯一の社長、それが上場企業の社長といえましょう。なぜなら、日本全国に約400万社あるうち、上場している会社はほんの一握り。わずか0.1%にしか過ぎません。社長1000人に一人だけ。

 今回の伊藤さんはその社長の中でも異例の成功を収めています。上場史上過去最少と考えられる従業員数10名という体制で、しかも創業4年というスピード上場を果たされたのです。

 ここまで聞くと“ミスターパーフェクト”という感じですが、お話を伺うとその印象はガラリと変わりました。

 彼は常識や人に迎合せず、「人生は自分で選択するもの」という意志を持って、もがきながら骨太な生き方をしていたのです。さながらロッカーのように映りました。

 それではインタビューをご覧ください。

 何者でもない20代だからこそ、最も鍛えられた

 伊藤さんは学生時代に先生から生意気な生徒だと思われていたと語ります。

 「課題とか提出物ってありますよね。私は最後の方にある難しい問題だけ回答して、簡単な最初の方の問題は回答しないで提出していました。難しい問題が解けるなら簡単な問題も出来るはずですから」

 確かに理屈はそうかもしれませんが少々乱暴ではないでしょうか。

 「時間がもったいないですから。特に人からやらされるのが性に合わないんです。でもすごく怒られ続けて(笑)」

 それはさぞかし先生もご苦労されたでしょうね。この考えは就職活動においても反映されていたそうです。

 「“就職”という言葉がおかしいと思いました。もっというと私の頃は “就社”でした。ただ、自分は“就事業”があるべき姿だと思っていました。当時日本はバブル経済の真っ只中で、”Japan as No.1”などと海外から評価されていました。しかしそれは製造業のことで、ホワイトカラーの生産性は世界でほぼ最下位であるということを知り、このことが今でも私の問題意識の原点になっています。当時の日本では重厚長大企業の人気が高かったのですが、若い自分からすると枠にはまっているようで魅力に乏しい。だから若くても活躍できそうな新しい産業である通信業界を希望しました」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus