ちゃんこ「若」倒産の裏事情 本当においしいのは“無名力士”の店? (1/4ページ)

2010.5.10 09:01

高級感と斬新さが裏目に出たか

高級感と斬新さが裏目に出たか【拡大】

 破竹の勢いで多店舗展開したものの、運営会社が経営破綻してしまった花田勝氏(39)プロデュースの「Chanko Dining(ちゃんこダイニング)若」。

 専門家は「おいしかった」というが、「女性と若年層が常連客にならなかった」とも指摘する。業界関係者によると、「ちゃんこ店で本当においしいのは、誰も名前を知らない元力士の店」なのだという。

 「若」を運営していたドリームアーク(東京)は2002年7月に花田氏が設立し、会長に就任した。翌年3月、東京・六本木に1号店をオープン。座敷のイメージが強かったちゃんこ店にイスとテーブルを置き、照明を暗めにして、おしゃれな雰囲気を演出した。

 当時の同店を知る客は「テーブルに敷かれた紙が若乃花の手形だったが、相撲っぽい感じはそれぐらい。4人の子供がいる花田氏らしく、子連れも歓迎で、その点は良かった。一家3人で会計は1万円ぐらい。当時は高級店だった」と語る。

「マスコミへの露出も多く、お客もひっきりなしだった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!