【クルマ人】「じゃじゃ馬」から「大人」へ スズキ「スイフト スポーツ」の竹内氏 (1/4ページ)

2012.2.5 07:00

スズキ「スイフトスポーツ」と開発責任者の竹内尚之チーフエンジニア

スズキ「スイフトスポーツ」と開発責任者の竹内尚之チーフエンジニア【拡大】

  • スズキ「スイフトスポーツ」と開発責任者の竹内尚之チーフエンジニア
  • スズキ「スイフトスポーツ」と開発責任者の竹内尚之チーフエンジニア
  • スズキ「スイフトスポーツ」と開発責任者の竹内尚之チーフエンジニア
  • スズキ「スイフトスポーツ」
  • スズキ「スイフトスポーツ」
  • スズキ「スイフトスポーツ」の開発責任者の竹内尚之チーフエンジニア

 スズキは、主力小型車「スイフト」の派生モデル「スイフト スポーツ」の3代目を12月に発売した。より多くの人に走る楽しさを伝えようと、「スポーティー・フラグシップ」をコンセプトに開発した。スズキ四輪事業本部第2カーラインの竹内尚之チーフエンジニア(56)に聞いた。

 --この車の特長は

 「先代モデルから国内で『思い通りに走れる』との評価を受けてきた。車をハンドル操作の通りにコントロールできるようにするためには、サスペンションが非常に重要。入社以来30年間、サスペンション開発をしてきた経験を生かすことができたと思う」

 --サスペンションにはどういう工夫をしたのか

 「車の挙動をしっかりさせるには、サスペンションを硬くすれば良いというのは、古典的な考え方で、乗り心地が落ちる。快適性とスポーティーさを両立させるために、路面に合わせてしなやかに動くサスペンションにした。サスペンションが路面に合わせて動いても、土台のボディーがふにゃふにゃだと思い通りに走らない。サスペンションとボディーを接合する部分などの剛性も高めた」

200キロ以上の高速時も思った通りに操作できるか

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!