フェイスブック、日本で災害用伝言板

2012.2.28 05:00

企業の注目ニュース

 米交流サイト(SNS)大手、フェイスブックは27日、大規模災害が発生した際に容易に安否確認などができる「災害用伝言板」サービスを、日本向けに世界で初めて開始すると発表した。28、29の両日でテストを実施し、3月に提供を始めたい考え。災害時のみ利用可能で、通話やメールで家族や友人と連絡がつかない時でも安否確認や情報交換ができるようにする。

 災害用伝言板は、災害地域内の利用者がSNS「フェイスブック」にログインし、ホームページからアクセス。自分の名前の下に表示される「無事を報告」をクリックすると友人に報告できる。名前や居住地、勤務先などの情報から友人を検索することも可能。