「大阪王将」韓国に1号店出店 イートアンド

2012.4.26 05:00

 こだわりの餃子が好評の中華料理店「大阪王将」をフランチャイズ(FC)形式で展開するイートアンド(大阪市中央区)は、韓国へ進出した。今月15日には「大阪王将」の韓国1号店「大阪王将 江南(カンナム)店」をソウル市内にオープン。現地企業と合弁で設立したE&Gフーズが運営を手掛け、1年間に600万円の売り上げを目指す。

 江南店では餃子やラーメンなど、日本国内の店舗と同様の中華メニューを取り扱っている。店舗面積は92.5平方メートル。営業時間は午前11~翌2時。

 E&Gフーズは「大阪王将」の韓国国内での経営や食品の製造販売を行う。資本金は4億ウォン(約2850万円)で出資比率は50%ずつ。今後は韓国でのフランチャイズ展開はもちろん、シンガポールやタイなどへの進出も視野に入れ、海外事業を強化する構え。