自動車業界が新たな低燃費技術に本腰 トヨタはHVでエンジン2気筒化 (1/2ページ)

2012.5.8 05:00

  • トヨタ自動車の新型HV「AQUA」。左は説明する小木曽聡チーフエンジニア=26日、午後、東京・赤坂(小野淳一撮影)

 自動車業界では、新たな低燃費化技術として、エンジンの2気筒化に注目が集まっており、各社が開発を急いでいる。国産車では3気筒以上で、2気筒エンジンはないが、トヨタ自動車が2気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車(HV)の試作モデルをこのほど公開したほか、ダイハツ工業も小型スポーツカーに同エンジンの採用を決めた。スズキや日産自動車、ホンダでも実用化を検討している。

 2気筒エンジンは、1970年代半ばまでは、軽自動車を中心に採用されていた。だが、90年に軽自動車の規格が550ccから660ccに引き上げられたのを機に、3気筒や4気筒に移行し、現在国産車で、2気筒エンジンはない。高速運転には、多気筒の方が出力がよくなるためだ。

 しかし、自動車の低燃費競争が激化し、基本的なガソリンエンジンの燃費性能引き上げが重視されるなか、気筒数の削減がクローズアップされた。

 気筒が少なければ、内部抵抗を少なくでき、エンジン自体も軽くなるため、2気筒エンジンの有用性が再確認されている。

(次ページ)低燃費の“代名詞”「プリウス」「アクア」をしのぐ性能

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。