菓子大手、PB台頭で自社商品埋没に危機感 アンテナショップ増強 (1/2ページ)

2012.5.14 05:00

江崎グリコが東京駅構内にオープンしたアンテナショップ「ぐりこ・やKitchen」

江崎グリコが東京駅構内にオープンしたアンテナショップ「ぐりこ・やKitchen」【拡大】

 大手菓子メーカーが、自社商品を直接販売する「アンテナショップ」の出店を加速している。取引先の大手流通業が、低価格の自主企画商品(プライベートブランド=PB)を増やすなか、店頭で自社商品が埋没する恐れが出てきたためだ。実演販売などを通じて、ファンを増やし、ブランドの浸透を図る狙いだ。

 カルビーは4月中旬、アンテナショップ「カルビープラス」を、JR東京駅構内と、東京・台場の新しい複合商業施設「ダイバーシティ東京プラザ」にそれぞれオープンした。その場で揚げるできたてのポテトチップスや、ポテトスナック「ポテりこ」が人気といい、週末などには多くの家族連れでにぎわっている。

 カルビーはこれまで北海道の新千歳空港や、東京・原宿にもアンテナショップを出店してきた。今後数年間で、全国の主要都市を中心に数十店規模に拡大する計画だ。

 カルビーのように、アンテナショップは実演販売を売り物にしているケースが多い。店頭に並ぶ定番商品とは違った「作りたて感」を出し、日記形式のウェブサイト「ブログ」や短文投稿サイト「ツイッター」など口コミで、評判を広げてもらおうという狙いがある。

 森永製菓が4月、初のアンテナショップとしてダイバーシティ東京プラザにオープンした「キョロちゃんのおかしなおかし屋さん」では、ソフトクリームに「おっとっと」など、人気の菓子をトッピングできるサービスがある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!