日産「リーフ」大幅改良1年前倒し 電費性能引き上げ、デザイン変更 (1/2ページ)

2012.8.15 05:00

 日産自動車が電気自動車(EV)「リーフ」の大幅なマイナーチェンジを1年前倒しし、発売から2年後となる2012年末に実施することが14日、分かった。

 外観のデザインを大きく変えると同時に、ガソリン車の燃費に相当する「電費性能」を引き上げ、1回の充電で走行可能な距離を伸ばす。一方、走行距離は短くなるものの、搭載する電池の容量を少なくして価格を抑えたモデルも追加する。

 新機能の追加などを図る大幅なマイナーチェンジは発売から3年後が一般的だが、13年初めには米、英両国でもリーフの生産を始めることもあり、前倒しを決めた。10年12月発売からの累計販売は1年半で約3万台と、当初の想定より伸び悩んでいることから、てこ入れを図る狙いもある。

 マイナーチェンジの最大のポイントは、航続距離の延伸。現行モデルは1回の充電で200キロの走行が可能だが、長距離走行が日常的な米国などでの利用を想定すると「このレベルでは足りないという声がドライバーからは多い」(日産首脳)。

250キロを超える航続距離を目指す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!