電力9社のCO2排出量が過去最大 原発停止で2割増加…20%削減は絶望的 (1/2ページ)

2012.8.29 05:00

 原子力発電所がない沖縄電力を除く電力9社の二酸化炭素(CO2)排出量が、2011年度は前年度比18%増の約4億3000万トンと、過去最大となったことが28日、分かった。

 原発停止による供給力不足を補うため、火力発電を増強したことが影響した。電力各社はCO2排出量を12年度までの5年間で1990年度比20%削減する目標を掲げているが、達成は絶望的な状況だ。

 電力9社が経済産業省に報告した11年度の排出量実績をフジサンケイビジネスアイが集計したところ、10年度に島根原発が点検不備で長期停止し、11年度はその反動で減少した中国電力を除き、8社が前年度水準を上回った。

 増加率では、CO2排出量の多い石炭火力の割合が全火力の約7割を占める四国電力が前年度比65%増と最も高く、同じく石炭が多い北陸電力や原発依存度の高い関西電力も40%を超えた。排出量が最も多い東京電力は13%増だった。

 地球温暖化対策を進めるため、電力業界は京都議定書の約束期間である08~12年度の5年間に、発電電力量当たりのCO2排出量を90年度比で平均20%削減する自主目標を掲げている。

各社とも海外などから排出枠を購入して削減量の不足を補っているのが現状

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!