世界初の“空飛ぶ監視カメラ” セコムが防犯用ロボット試作機

2012.12.27 07:00

セコムが試作した飛行型の監視ロボット=26日、東京都渋谷区

セコムが試作した飛行型の監視ロボット=26日、東京都渋谷区【拡大】

 セコムは26日、防犯用自律型飛行監視ロボットの試作機を報道陣に公開した。“空飛ぶ監視カメラ”といえるもので、民間防犯用としての飛行型監視装置は世界初。「2014年の実用化」(前田修司社長)を目指す。

 開発したロボットは、小型ヘリコプターに、各種センサーや制御装置を取り付けた。セコムの各種セキュリティーシステムと連携して動く。不審な車や人物がいた場合、自動で飛んで接近し、車のナンバー、不審者の顔などを撮影。その映像をリアルタイムでセキュリティーセンターに転送する。LED(発光ダイオード)ライトによって、夜間でも車や衣服の色を正確に撮影できるという。

 センサーによって不審者との距離を一定に保つことができ、たたき落とそうとしても、素早く避けることができる。GPS(衛星利用測位システム)によって契約敷地の外には飛び出さない。現在、ベースとなるヘリはドイツ製の市販品だが、商品化の際には自社製に切り替えることも検討している。

 レンタル価格は「月額5000円程度にしたい」(前田社長)とし、初年度販売目標は1000台に設定した。「国内に80万件ある既存のシステムに追加できる」(小松崎常夫執行役員)ため、利用者が新しい活用法を開発することも期待しているという。


  • 三菱重工、遠隔操作の原発作業用ロボ開発 コンクリ切断など可能
  • 大和ハウス、排泄自動処理ロボットの販売開始 臭いほぼなし
  • 福島原発作業用に遠隔操作型ロボ開発 日立エンジニアリング
  • シャープの傑作“しゃべる掃除機” 愛用者「家族の一員です」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!